息を。

2019.03.20 Wednesday

0

    P1100568.JPG

    息をころして 

     

    きこえてきそう

    2019.03.20 Wednesday

    0

      P1100565.JPG

       

      とけはじめる霜の音が聞こえてきそうだった    

      濡れた桜

      2019.03.19 Tuesday

      0

        P1100543.JPG

         

        桜 冷たい雨に濡れて    3・19

         

        撮っていたら。

        2019.03.19 Tuesday

        0

          P1100536.JPG

           

          レンズに雨滴がかかっちゃった。

          春の雨は。

          2019.03.19 Tuesday

          0

            P1100503 (2).JPG

             

            雨 / 3.19   春の雨は どこか冷たくて。

            ひと枝

            2019.03.11 Monday

            0

               

              旅館のかわず桜

              ひと枝

               

              家の窓辺に飾った。

              今日という日

              2019.03.11 Monday

              0

                 

                引き続き 朝になった今もまだ☔です。

                 

                昨夜仕事終わりに

                 

                玄関先の

                ぼんやり浮かぶ

                 

                小さな雨の音がかすかに耳にきこえて

                傘をさした

                桜は雨の滴で

                濡れていたけど

                 

                どこかしっとりと目に映った。

                 

                雨だったけど

                2019年3月9日が

                晴れていてくれてよかった。

                だから今日の雨は

                どれだけ降っても

                 

                桜がそこにあるだけで癒された

                 

                 

                 

                そしてきょうは3月11日

                 

                「黙祷」

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                                         3月11日 今日という日

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                遅い朝

                2019.02.20 Wednesday

                0

                   

                  遅い朝を迎えた

                  外はすでに明るくなっていた

                   

                  寝つけなかった夜

                   

                  時折吹く風に何度も目を覚まされ

                  その度に音楽を聴いた

                   

                  同じ曲を

                   

                  リピートし

                  何度も何度も聴いた。

                   

                  いつのまにか深い眠りについた。

                   

                  きょうは曇りの空色。

                  時々陽が差し込むけど

                   

                  空は雲色一色。

                   

                  愛犬が外でおやつを頂戴と

                  じろり見る

                   

                  わたしがお腹が空くように

                  愛犬もお腹が空いたんだな。

                   

                  おやつをあげると落ち着いたようで

                  小屋に戻り眠っている。

                   

                  遅く始めた朝は

                  うっかりして少し焦げた食パンとコーヒーの朝ごはん。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  おなじように。

                  2019.01.04 Friday

                  0

                    P1100140.JPG

                     

                    白ごはんにお味噌汁

                    毎日のように食べても 飽きない

                     

                    同じように

                    冬の景色もまた

                    毎日みても飽きがこない

                     

                    お天気が良くって

                    寒い朝が訪れることを

                    わくわくしながら待っている

                     

                     

                    朝ごはん

                    お昼ご飯

                    夕ご飯を待つように

                     

                    まだかな

                    まだかな

                     

                    同じように待ち遠し。

                     

                    ご飯の時間はおなかを満たし

                    日々の景色は

                    心を癒してくれる

                     

                     

                     

                    楽しまなくては。

                    2018.12.29 Saturday

                    0

                      P1100106.JPG

                       

                      冬の宝を

                      てのひらに。

                       

                      ゆっくり じわり

                      手のひらで 解けていく。

                       

                      冷たいが

                       

                      それでも

                      都度 したくなる。

                       

                       

                      冬を待ちわび

                      ようやく冬らしい日に出会えたら

                      それは

                      楽しまなくては。

                       

                       

                      時々 街のイルミネーションに憧れ

                      いいな 綺麗だな。と

                      テンションはあがるが

                       

                       

                      自然がつくるかたちをみると

                       

                      やっぱり

                      田舎がいいな。と思う

                       

                       

                      ここにしかない いいもの 美しいもの

                      感動した景色は山程ある

                       

                      誰かの手によって 出来上がったものではない

                       

                      春が

                      夏が

                      秋が

                      冬が

                       

                      自然が 自然と作り出す 美しさは

                      ここにしかないんだ。