いっぱい いーっぱい

2018.12.09 Sunday

0

     

     

     

    庭に

    いっぱい

     

    霜柱

     

    あっちにも

    こっちにも

     

    それは

    それは

     

    ありとあらゆるところに

     

     

    できていた。

     

     

    お昼前でも

    気温は

     

    マイナスだ。

     

    溶けるはずもないなあ。

     

    ぼんやり見える山々が。

    2018.12.09 Sunday

    0

       

       

      次男は無事に出発した。

      帰り道

      ぼんやり見える山々が

      白い帽子をかぶっていた。

       

      きょうも寒い一日になりそうだ。

       

       

       

       

      母が淹れてくれた珈琲は。

      2018.12.09 Sunday

      0

         

         

        修学旅行へ出発の朝

         

        次男を見送る為 昨夜より実家へお泊まりして

        朝を迎えた。

         

        温泉暖房で日々生活しているわたしに

        実家でのわたしの寝床は

        冷凍室のように 冷えていた。

         

        ちょっと風邪ひいたかな。

         

        目覚ましで目を覚まし

        台所へいくと

        母が美穂ちゃん ごめん 薄くできちゃった。と

        珈琲を淹れてくれた

         

         

        たしかに薄かった

        だけど

        母は 気持ちはいっぱいよ。って

         

        そう言って笑った。

         

         

        おいしゅーございました。

        母さま。

         

         

         

         

         

         

         

         

        雪で押し花

        2018.12.09 Sunday

        0

           

          またちょっぴり白い朝

           

          雪でつくられた押し花みたいになってるよぉ。

           

           

          マイナス4℃

           

          ひーぃっ。さぶっ

           

           

          でも

          うれしぃ 

           

          だってだってさぁ

           

          冬なんだもん

           

           

          こんこん

           

          降ってほしいじゃん♡

           

           

          雪かきはしたくないけど

          やっぱり

           

          白い景色は美しいもの。

           

           

          この冬もたくさん た〜くさん

          写真を撮るぞ!!

           

           

           

           

          蜘蛛の巣にも

          2018.12.08 Saturday

          0

             

             

            枝と枝の間の

            蜘蛛の巣に

             

            雪はきれいに 降りついた。