Inお料理

そんなことしたら。。。あめがふるやん(笑)

iPhoneImage.png

どしゃぶりから始まった朝
やだなぁ。

​長靴はやぶれて履けないから
​足袋は旅館で履こう とか
日ごろ考えないことを
雨曜日は
考える・・・

ご宿泊のみなさんの朝食の準備中
爺が
何度も聞いてくる

ウインナーたべるか。と

返事をしなければ
いつまでも聞いてくるから
うんうん食べるたべる

そして
わたしの朝ごはんのおかずができた。


爺がそんなことしたら雨がふるやんか
しかも
小粒じゃなく
大粒の
大嵐の
雷付きじゃないのぉ。

あさからそんなこんな半分本気
半分冗談の時間が過ぎていく。





今は

やんでるよ。
((笑))

 
Inおんせん県おおいた

遊び心





季節に咲く花の箱詰め。 雨の本日 少しでも心 和めばと 若女将の遊び心を 添えてみました。

みて楽しんで頂ければと思います。
In若女将

お久しぶりの宿題。

iPhoneImage.png

​昨日 久しぶりの宿題をだされました。

iPhoneImage.png

ミキサーにかけて

iPhoneImage.png

こす。作業

見て覚えてきた料理長の工程です。

ついに
その季節となりました

​大変お待たせいたしました
夏季限定の冷製コーンスープ。

今年初のコーンスープの下準備をめでたくさせていただきました。
(パチパチパチ)

 
In綴り

みれば

iPhoneImage.png

蛍に出会える場所がある
それを教えてくれているように




最近では里山が遠のいて
蛍と共にみかけなくなったという草

まだ小さかったころ
おばあちゃんちに行けば白い蛍袋が咲いていた
蛍を中にいれて遊んだこともある。


きょう、摘んで
もうないと思っていた蛍袋を
同じ場所でふたたびみかけた

みかければうれしい 歩いている足をとめ
摘まずカメラにおさめよう
蛍がわかるように。

そんなことを ふと。

夕暮れどきの ちょっぴり湿っぽい風が吹くころ
耳をすましながら 歩く
木々の揺れる音
バスの到着する音

週末を別荘で過ごす隣人の声

いまいる場所に 響く

それはやさしく 心地よく 耳にのこる。

そよそよ
吹いていた風


カメラをちかづけると
風 がやんだ


シャッターをきる
その瞬間は自身の
息もとめていたことに

今まで気づかなかった。






「綴り」カテゴリーをひとつ増やしました。













 
Inおんせん県おおいた

ずっと続くトンネル



緑のトンネルはずっと続く。木漏れ日の中 風はひんやり。
鳥の声。 いいなぁ。