ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.04.05 Wednesday

オオイヌノフグリ



庭はいつもなら オオイヌノフグリでいっぱいになるころ
だけど 今年はおっことぬしが畑のように耕してしまってせっかく咲いていたのに
あちこちにちらばった。 ひとつずつ土を払いながら拾い集め
外に置いてあるテーブルにならべてみて
かわいいな。

小さな花は風と共に
跡かたもなく 飛ばされて

もう一度庭へ行き ふたたび 土をはらい
左手の手のひらにのっけて やさしくとじた。


こんどは飛ばされぬように



お気に入りの場所に ガラスのおちょこに水をはり 手のひらひらいてふぁらふぁらと。うかべた

今日は 曇りだけど 大きく深呼吸して
風がきもちいいと思えたはじまりのあさ
窓をあけて家中の空気のいれかえもいっしょに。




記録は歴史。そう書いていた本をみた
若女将ブログ。わたしがき 毎日綴った日記という記録が

小松別荘のそしてわたしが若女将として過ごした歴史とかわればうれしいかなぁ。と

そんな事をふと。





2017.03.17 Friday

明日の朝が

今朝 カーテン開けたら
我が家の庭は畑が出来ちょった

ん?
ぼーっと。
あ。!
おっことぬしがついに我が家にまで来たのだ~



明日の朝が
またどうなってしまうのか
ちょっと心配。




2017.01.11 Wednesday

ちらほら雪舞う




ちらほら雪舞うあさ。
ひとりドライブもしてきました。




2016.10.12 Wednesday

P1040872.JPG

いちばんはここに載せたかった


カメラと数時間
家と外を行ったり来たり


一度も撮ることができなくて数年
あきらめていたけど

どこか あきらめられずに

ついに今夜その時を迎えた
本当は月じゃなくて
星空を撮りたいと思っていた
あいにく
雲が星を隠していた

​お月様も夜空に輝いていることに
気づかされ
失敗を重ねながら
寒さも
晩御飯を食べることも忘れていた
久しぶりに
夢中
になって

ようやく月が雲からお顔をだした

同時に
シャッターをと
すると

月の前を
飛行機が
飛行機雲連れて通過するのを
​レンズ越しにみえて

びっくりして
シャッターをきるどころか
手を放してしまった

ふふっ。

思い出すだけで
​自分がおかしぃ。

今夜は若女将初めて夜空の撮影に成功の記念すべき日。


 
2016.10.11 Tuesday

恋人みたいなもの



時々会いたくなる関係。
グループラインからはじまり
会ってお喋りへとかわる

同じ仕事だから
休憩時間もほぼ同じという
何も言わずとも
わかるから

心地いい。
ラーメン持ち寄りのはずだったけど
おうちになく
急遽 ホットサンドを作って持って行った
笑い声は続く。
その間何杯ものんだはずの珈琲

休憩時間も終わり女子会も同じく終了
帰って本日のお客様のお越しを
お待ちする

あんなに飲んだのに
またすぐにのみたくなる珈琲も
帰ってふたたびグループラインのお邪魔しましたからはじまる会話は

恋人みたいなものかもしれない。


2016.10.10 Monday

羽の雪



​羽




秋晴れ 雲ひとつない空

​窓をあけ
空気の入れ替え

さぁ。
お布団カバーも今日なら乾きそう

​・・・。

おうちの中はモフモフ
ひとり大騒ぎ

​お布団ごと外へ

寿命はいつかはやってくる
その時がついにきたみたい



17年使った羽根布団
少しずつ
終わりが近づいていたようで

ほんの少しの隙間から
徐々に。

たちまちあたりは羽の雪となった。

わたしに
道に
庭に
木々に
落ち葉に


その雪降り積もる


 
2016.10.05 Wednesday

お宿はお休みになっても


台風でお宿はお休みになっても
お休みにはならないのも
家族でしている小さなお宿だからこそ。それぞれ予定があり
わたしも会計士さんとお仕事

お昼には毎度わたしの手料理を無理やり食べさせられる会計士さん
可哀想。

今日は由布院の「こちょぱん」でかってみたパン。
フォカッチャ風に

miho Caféへ。招きましたDocomo_hart
 

2016.10.05 Wednesday

兄も。わたしも。



兄も。わたしも。
観葉植物が好き
兄はわたし以上に好きなんだと思う。
これは父の影響力
育った家にはたくさんの観葉植物や花々が溢れそうなほど
お休みの日は庭のお手入れしている父の姿しかみたことがないほど。
町役場に時々ツツジの季節 いろんな人の盆栽が展示される
そのうちのひとつに
父の盆栽もある。

わたしが初めて興味をもったのはサボテン。
父に買ってもらい 花を咲かせた
働くようになりお給料日に花屋へ行き
サボテンをひとつずつふやした
子供が産まれ危ないからと
観葉植物に興味を持つようになり

今となっている。
みれば欲しくなる
可愛がりすぎてダメにしちゃう事もある

父はダメにしてしまった花々を持ち帰り植え直し元気にしては
再び もって来てくれる。
育て方も詳しいから おしえてくれる
そんな父は今日77歳となった

朝 happy birthday to you ♪ 電話口で歌い始めると
ケラケラ笑って ありがとうと言ってくれた。 カラオケだ~い好きな父
77歳とは思えない元気さとユーモア溢れる父がわたしは大好き
父を超える男性にまだ出会っていない。たぶん もういないと思う
世界でいちばん 父が好き。
旦那さん ごめんね(笑)
2016.10.04 Tuesday

台風前



ママ友からお花を。
お宿と分け合って
台風前にしとかなきゃって事で
朝から ちまちまやっております。

スコップは息子の保育園の時のもの
未だに使ってます。
まるっこくて可愛いから

断捨離派なわたしにも
捨てられないものがある
そのうちのひとつかなぁ。

2016.09.19 Monday

育ったおうちを17年前の今日。




育ったおうちを17年前の今日旅立ち。
わたしはお嫁さんになりました
あの頃のような初々しさは
もうないけれど

リセット リセットの繰り返しをしつつ

毎日を楽しみながら
お嫁さんしてます

かわいいお嫁さんが目標でしたが
母になり 若女将となり 心 年々強く強くなるばかり。
あの頃と かわらない気持ちは
わたしが幸せにしてもらうんじゃなく わたしが幸せにしてあげるという事。
そして今日は ご存知の方もきっと年々増えて。
旦那さんのお誕生日。
目が覚めていちばんに
おめでとう。
伝えさせて頂きました




1999/9/19 これ以上の「苦」は
ないと 父にあの日言われ今日まできてます。(笑)

Powered by
30days Album