次男と過ごした3年間を終えた私の母

2020.04.04 Saturday

0

     

    私が結婚するまでどんなときも

    手紙を添えてくれていた母は

    由布院へ行ってしまう次男へもまた

    手紙を書いていた。

     

    その手紙は

    手渡しではなく

     

    次男がいつも体調が悪いときに

    母が飲ませてくれていたお薬袋の中に

    こっそり入れられていた

     

    3年間お弁当を作ってくれ

    送り迎えをしてくれ

     

    母がいてくれたおかげで

    私はほんとうに助けられました

     

    長男と合わせると

    5年間

     

    母がわたしに言ったことばは

    本来なら嫁にやった娘の子供を

    自分がこんなに長く見れるとは思わなかった

    喧嘩もあったし

    体調を壊した時もあったけど

    孫と一緒に過ごせたことはほんとうにたのしかった。と

     

     

    次男へあてた手紙には

    この三年間の思いが込められていた

     

    そしてこれからは

    じいじと2人で のんびりと暮らします。と綴られていた。

     

     

    次男が私の実家をでて翌日

    ちょっと気になる2人を見に行くと

     

    父も母もなんとなくほっとしているように見えました。

     

     

     

    お父さん お母さん

    5年間

    ありがとう

     

    2人の娘でほんとによかった♡

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする