早く起きなければいけない日

2019.09.30 Monday

0

     

    (最後)

     

     

    時計は5時をまわったころ

    外はまだ真っ暗だった。

     

    身支度をしていると

    夜が明け始めた。

     

    雲がみえ

    淡い空が見え

     

    次第にあたりは明るくなっていった

    かばんと携帯とおべんとうばこをもって

    家をでるころ

     

    朝焼けのはじまりを目にした

     

     

    早起きはいい

    時間のながれをゆっくりみることができる

     

    だけどそうは言ってられない

    はやく旅館へ行き

    次男のおべんとうをつくらなくては・・・。

     

     

    9月最後の始まりの月曜日

    次男は

    わたしのつくったお弁当を持って

     

    学校へ

     

     

    いってらっしゃい

    いってきます

    数年前までは

    このあたりまえのような日常のあいさつ

     

     

    いつぶりだっただろう・・・。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする