どんなに小さな写り込みでも

2019.08.17 Saturday

0



    大分合同新聞に

    昨日令和最初の成人式と載った

    九重町。

    そんな中

    よーーーくみてたら

    いたいた。

    長男が写りこんじょん


    どんなに小さな写り込みでもお母さんは見つけた。




    昨夜はめーいっぱ同級生との時間を過ごし

    日付が変わって帰ってきました。


    お友達をお風呂に入れさせたいと

    2人。


    お友達入っている間足湯をしながら待っていた息子


    お尻びしょ濡れですやん(笑)


    時々ドジなところも

    さりげない優しさなところも

    お母さん 幼稚園の時の事

    思い出したなぁ。


    バス通園だった幼稚園 

    回数券がないと言った友達に

    一枚しかない自分の回数券をあげちゃった事


    一枚しかないのに

    なんであげたのって聞いたら


    ない。って泣きそうだったから。と



    あれから15年たったいま

    回数券を忘れた男の子が息子を送り届けてくれました。



    そして朝が来て

    息子は

    福岡へと行ってしまいました。








    関連する記事
    コメント
    コメントする