当館へご予約されている日本のお客様へ

2019.04.16 Tuesday

0

    4月16日

     

    【当館へご予約してくださる日本の皆様へ】

     

    当宿は家族でしている小さなお宿です。

    ご予約はお電話予約とネットサイトからのご予約となっており

    じゃらん

    楽天

    自社ホームページ

    一休 となっております。

     

    ネットからのご予約は日本の方ばかりではありません

    海外の方もご予約を1ヶ月に数件あるのが実質であります。

     

    お食事はお食事処でご一緒になります

    お客様の中には 海外の方を受け入れられないとお思いの方もいらっしゃるとは思いますが

    わたし達にとっては海外の方も大切なお客様であるということ

     

    同じようにおもてなしをさせていただき

     旅の良き思い出になっていただけることを

    常に願っております。

     

    今 当館をご予約されているお客様で

    日本の方以外の国の方を受け入れられないという

    お客様がいらっしゃいましたら

    ネット予約の方はキャンセル処理を

    お電話予約の方はお電話にて

    キャンセルをお受けいたします。

     

     

    若女将をして17年 いろんな方に出会えるこの仕事を

    誇りに思っています しかし時には

    心が折れ 傷つき切ない思いもします。

     

    ただ 同じ空間でお食事をしているだけでも 日本の人じゃなかったらダメですか?

    騒いでいたわけでもありません。

    ただ 隣にお席を設けていただけです。

     

    日本のお客様は不愉快だといわれ席を立たれました。

    ただ こんなことは初めてだったため わたしの対応も

    ご満足いただけなかったこともあるのだと思います。

     

    ですがわたし達にとっては 大切なお客様であるということは日本の方も海外の方も

    当館を選んでくれた会うべくして出会った皆さんだと思っています。

     

     

     

    何を言っても お許しいただけない時間が流れました。

     

    深く 深く傷つき

    このお客様に言われた言葉一生忘れることはないと思います。

     

    ただ わたし の傷つき折れた心を和らいでくれたのは

    不愉快だとおしゃったお客様と

    同じ場所でお食事をされていた別の日本のお客様でした。

     

    心配しなくていいですよ

    怖かったですよね、

    そう言って

    手を握ってくださり

    肩を優しく撫でてくれ 一緒に涙を流してくださいました。

    その優しさに

    わたしは涙が溢れました。

     

     

    本当に怖かったし

    身体が震え

    ただ黙っているしかできなかった時間

     

    海外からのお客様がこれを聞いていたら

    わたしよりももっと傷つき 悲しい思いをしてしまうと

    思えば 思う程 涙は溢れました。

     

     

    海外の方が入ってこないようにネットをやめればいいと言われましたが

    わたし達も生活がかかっております

    今のネット社会でネットをせずに宿を続けることは

    とてもできません。

    海外の方向けの特別な案内はしておりませんし団体のお客様でもありません

    皆さん個人でご予約される方ばかりです。

     

     

    ですが 世界中につながるネットです

     

     

     

    温泉旅館へお越しになりたいと思うのは

    日本の方も海外の方も同じ気持ちだと思っています

     

    当館をお選びになるのは

    お客様の自由です。

     

    どうかそのことを胸に止めて 当館へお越しになられるかお選びください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする