母がつくる渋皮煮

2018.10.07 Sunday

0

    秋になり栗が採れ始めると

    私の母が渋皮煮を作ってくれる

    今年もその時期となった。

     

    そんな中母が風邪をこじらせ

    安静にしていなくてはとても危険だと。

     

    咳がとまらずおなかに水が溜まった状態の母

     

    そんな時にでも渋皮煮のことを気にかけ

    今年は作れるかわからないといった

     

    わたしはそんな作らんでいいよ

    とにかく安静にねちょってよ お願いやけん

     

    父も母が体調が悪いから元気ないし

    次男もまた どこかしょんぼりしている

     

    いつだって弱いところは見せられないわたしだ

    強くいなきゃ 

    いざとなったら なんとかしなきゃ

    実家の掃除洗濯もした

     

    母に作ってあげるおかゆはいつぶりだろうか。

     

    母の電話の声が元気になった

    それは父の誕生日の日10月5日だった

     

    母の様子と父にお祝いをと向かう途中

    病院へ行こうとしている母にばったり道で会った

    起きれるようになったし だいぶいいといいながら

     

    来るなら言ってくれたら準備しておいたのに

    でも冷蔵庫に入れてあるから持って帰って。

     

    そう

     

    そんな状態であっても愛情込めてつくりあげてくれたもの

     

    P1090850.JPG

     

    栗の渋皮煮です。

     

    つやつやなきれいな

    ほんのり甘くてやわらかで最高においしい渋皮煮

    小松別荘に今年も届きました。

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする