ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ヤマボウシ2018 | main | ミヤマキリシマ >>
2018.05.21 Monday

43年ぶりの再会を。

男性お2人のお客様

背のとても高いお2人

 

登山後当館へ

昨日もとてもよく晴れた一日

疲れからか お2人に会話はあまりなく・・・。

 

お2階のお部屋までの階段を

ふっ、ふっ言って上がっていた

 

客室の浴衣は大と中をご用意させていただいているが

お背のお高いお2人にわたしは特大をお渡しした。

 

昨日は登山のお客様が多く

ご到着も同じ時間帯となり

貸し切りの4つのお風呂は

早い者勝ちとなっていた

 

お2人は少し出遅れて・・・、

夕食前に烏の行水のような状況となっていたけれど

 

さっぱりされていたように見えた。

 

お夕食がはじまり

あまり会話ができぬまま

お一人の方が席をたたれた

 

しばらく戻ってこない

 

体調でもわるくしたのかと気になり

お連れ様に問う

 

しばらくして・・・戻ってこられた

 

さっきより会話が弾みはじめたように思えた

 

地鶏のスープをお席へお持ちし

おつぎしますのでお待ちくださいね。というと

 

初めて声をかけられた

 

やさしい声をしているね。と

少し照れ臭いがうれしかった

 

照れくささを隠すため

今日はどちらへ登られたんですかと問うと

久住山へ43年ぶりの再会に

43年ぶりに山へいったんだよ。と話し聞かせてくれた

 

43年ぶりですか?というと

まだ 生まれてないだろ?。聞かれた私は

 

産まれて1歳になります。とお応えした。

 

素敵なお話

 幸せな気持ちになった。

 

 

43年ぶり それぞれ違う人生を歩んだが

こうして再会できてうれしぃ。

迷い迷って選んだ宿だったが

この宿にしてよかった 正解だったよ。

の、言葉は

 

 

心が幸せでいっぱいになりました。

 

43年ぶりの再会を当館で過ごしていただき

ありがとうございました。

 

また是非 お2人にお会いできる日をたのしみにしております。

 

 

 

P1080842.JPG

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album