ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.07.31 Tuesday

とうもろこしの思ひで。

P1090539.JPG

 

飯田高原のとうもろこしが

農協ドライブインにではじめた

 

それを4分レンジでチン

 

ぷちぷちな食感 食べごろとなる。

 

夏になるといつも思い出す

爺ちゃんの畑でできたとうもろこしを

テーブルの上にお皿いっぱい入れられていた夏の日のこと

 

4つ離れた兄と2人夏休みには

母方の里へお泊りに。。。

 

そこにいけば3人のお姉ちゃんたちがいたから

楽しみで仕方なかった

 

 

とうもろこしをおなかいっぱい食べられるのは

爺ちゃんちに行ったときと

爺ちゃんからもらったときとなる

 

爺ちゃんからもらうというより

婆ちゃんがいつも準備してくれて持ってきてくれていたような・・・。

 

そんなおなかいっぱい食べれるとうもろこしを

夏の甲子園をみながら食べていた

 

小さかったわたしは甲子園に興味はなく

爺ちゃんが見ているから

それを一緒にみながら食べている

 

じいちゃんはあまりおしゃべりをする方ではなかった

 

ただ真剣に甲子園をみている

 

なにがおもしろいのかと思いながら

ひとつ またひとつと

とうもろこしを食べた

 

 

ふいにじいちゃんが私の方をみて もっときれいにたべんか。という

 

がしがし食べるから トウモロコシの粒がまばらに残っている

 

わたしは 食べることをやめる

 

じいちゃんはまた甲子園をみはじめる

 

なぜかそこにいつもわたしとじいちゃんしかいない

 

わたしは肌が弱く

草に負けたり

虫にさされればおいわさんのようになり

鯉をみてれば

さわりたいと池にはいり高熱をだすという

まあ 手のかかる孫であったという。。。

そんなわたしを

婆ちゃんが 私の父に申し訳ないと

あまり外へ出さなかった

 

 

お墓のお掃除にいくと夕暮れ時

みんなでおいちゃんのトラクターにのっていくのがたのしみだった

その年も楽しみでしかたなかった

 

がたがたと揺れる

石ころがいあっぱいある山をトラクターでいく。

 

けれど 蚊にさされると大変だからと

じいちゃんとお留守番。

 

また爺ちゃんと2人か。。。と

2人の時間は退屈だった お盆が来た

お墓へお迎えにいき

 

お盆がおわる日 お墓へお見送りをする

 

またいけないとあきらめていた

また爺ちゃんと2人で留守番だ。。。

 

するとじいちゃんが

みほに蚊取り線香をぶら下げて連れていけ。と

ズボンに蚊取り線香をぶらさげてくれた

 

トラクターに乗れるのはみんなではない

この日特別にひとりで乗せてもらえた

 

最高な日となった

夜には花火をした

 

じいちゃんにまた蚊取り線香をつけてもらった

 

 

翌朝 テーブルにはお皿いっぱいのトウモロコシ。

 

わたしは粒をのこさないようきれいにたいらげた。

 

 

夏になるとこの日を思い出す

わたしは孫の中でいちばんじいちゃん似。

 

とうもろこしを食べるとき

いまも粒をのこさないよう

綺麗にたべる。

 

 

あの日を思い出しながら・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.30 Saturday

景色を見ながら 向かったのは






彼が生まれていれば わたしは産まれていなかった。 きょうは命日。行く途中の 靄に 目を奪われて 数枚。 再び車を走らせた。 実家へ行くと 母は赤飯を炊くんだって言ってた。 わたしはお菓子とジュースとくだものをお供えして帰った。 床屋にお菓子好きな父におやつも届けた。 手招きをする こっちおいで こっちおいで、と 何?と言うと 散髪して。だった だいぶ薄くなったと言いつつ こんなに切る髪があったか、と笑いだす父。 あったわ 多少。と笑っていう娘。 わたしの明るい性格は 父譲り。
2018.06.26 Tuesday

旅のわたしシリーズ(おまけ)

iPhoneImage.png

 

今回の旅

予定通り

時間通り

 

みんなで過ごした旅となり

 

とにかくあるいて歩いてあるいた 旅となり

 

疲れを癒すどころか

さらに疲れさせちゃったかも。という

 

それでも

せっかくみんなでいくのならと

6月の旅行が決まってから

 

いろんな検索してずっと考えて 選び抜いた行程

 

「大人の遠足」

 

無事に終えられて よかった。

 

 

 

 

そんな今回の旅の途中

長男も夕飯を

筋湯のマダムたちとご一緒させていただきました。

 

 

彼氏と彼女みたいとみんなが言うので

お母さん 調子にのっちゃいました。

 

動植物園ではメリーゴーランドにのりました

楽しかったです

 

パンケーキをフォークでたべるより

こうして手にもって食べたほうが

おいしいんだからとうんちく発しながら

食べていたら 撮られてましたっ

 

パンケーキ ふわふわでおいしかったぁ。

 

 

水族館で光と闇というタイトルの二枚

若女将勢ぞろい。

 

 

以上

わたしシリーズでしたっ。

 

 

 

2018.06.26 Tuesday

今取り組んでいること

 

 

この数日、編集して

ようやく 一冊のアルバムが出来上がった

 

20枚しか選べないから

いろいろ考えて選び抜いた想い出写真

 

 

8名 みんなの旅の記録

 

 

 

2018.06.20 Wednesday

今日の日程




まだまだ旅の途中。
もう少し福岡を楽しみます
2018.05.15 Tuesday

夜のこと


ひとりの時間が数時間

テレビは消した。

お風呂あがりに

洗濯機を回しはじめ ビーンズクッションに横たわる

いつの間にか眠っていた

数時間後
目が覚めて 洗濯機から洗濯物を
取り出して 干した。

時計は11時。

そのうち近くの居酒屋から帰ってきた旦那さんと
日曜日に見れてなかった
西郷どんをみた


感動のシーンにまた
涙をぼろぼろ流しみた


いま いちばんハマっている西郷どん

鹿児島へ行きたいな。


2018.04.25 Wednesday

レーズンとクルミ



朝 一杯目の珈琲は
珈琲だけをゆっくりとのんだ。

二杯目の珈琲は
レーズンとクルミの詰まった
酵母パンを一緒に。

愛犬がもの欲しいげにみておられるので
クルミとレーズンを取り除いてあげた。

愛犬は
クンクン嗅いでいた

おいしいところ 取り除いたな。という
表情をした。

しばらくして気づくと



食べちょらんじゃないのよー。

どうやら 愛犬はおいしいものを知っているようだ。
取り除かれたパンなら要らぬわ。という
答えがこの形なのだと思った。

だが ごめん
クルミとレーズンは
お母さん 食べてもうたから
もう ないわ。 次な 次の時は
クルミもレーズンもあげるわな。


かんにんな。
2018.04.18 Wednesday

同じように。

P1080567.JPG

 

裏からみてみよう。

同じ方向

同じ高さ

 

まぶしい光を浴びる感じも一緒のはずだ

 

 

 

2018.04.16 Monday

きいろ花



うん
やっぱり可愛い
きいろ花。

元気になれる
嬉しい気持ちになる

ふしぎな力を持っている




2018.04.10 Tuesday

お外で。



愛犬とお昼ごはんを分け合いこ。

クロワッサンはちょっと焦げた。
ま。いいっか


目の前は桜の花が
そよそよ揺れている




パンにスープをしみしみさせたりして
お花見。
食べれない時
食べてくれる愛犬がとても助かる。

ごちそうさま。
Powered by
30days Album