きょうのごはんは特別なのぉ。

2018.06.10 Sunday

0

    P1090046.JPG

    gohan

     

    いろいろあって お宿はてんてこまい

    次男を急遽連れ戻し

    お宿のお手伝いをさせました。

     

    そして

    今朝みなさまにお出しするごはんは

    次男が丁寧に研いでくれたお米です。

     

    ミルキークイーンは

    研ぐ手によって炊きあがる繊細なお米

     

    炊きあがりが楽しみな朝でもありました。

    どきどき わくわく。

     

    蓋をあけると

    つやっつやなごはん

     

    今朝のごはんはとくべつにおいしぃ はずだよっ♡

     

     

     

    出発

    2018.04.03 Tuesday

    0
      長男お引越しにつき

      落ち着いたら ブログの更新をさせて頂きます
      尚、お宿の方も
      明日までお休みを頂いております。

      息子2号

      2017.12.14 Thursday

      0



        息子2号とのやりとり

        の、後



        届いた画像です。
        よく出来ました。と送ると
        やろ〜。って

        返事が来ました。



        一級検定

        2017.11.30 Thursday

        0


          長男から一級検定へ向けて 材料よろ。と来た お母さんはいまその準備中 本当なら買い物に連れて行き 自分で買わせたいところだけど 連れて行くことができないため 用意中。揃わない分は実家の母へ。 一級は自分で献立をたて作る。 さてさて 何を作るのかな。 ひとつはわかった。 どうやら父が作る山芋の茶碗蒸しが 大好物だった長男さん 一品はそれのよう。 お母さんにはわかる。 高校生活もあと少し 来年からは福岡へ。 長男だからと旅館をさせるつもりはない。 長男には長男の歩みたい道へ 進んでもらう。男の子は沢山の経験と 冒険をしてもらうのが私の子育て それがゲーム馬鹿でもいい。 元気でさえいてくれれば それでいい。

          息子感性

          2017.09.25 Monday

          0



            息子(長男)感性の2枚。
            今日は2人して同時にひとつ壁をクリアした。いくつもあらわれる壁を常に一緒に乗り越えて行く。朝な夕なに願った数日。ようやく。願いごとの多くは息子の事。母の失敗が不安を招いた。助けてくれたのは周りの先生方これから関わる方だった。小さな事でも 大きな出来事となる。長男と共に母として成長をしてく。と思っていたけれど 長男はもう母より立派な大人の階段をのぼっているようで、頼りない母にでも大丈夫だよ。と言ってくれる。
            そして送って来てくれた写真だった。わたしにはない撮り方がそこにあり
            新鮮だった。やさしく包まれたような。
            慣れない事にいっぱい疲れたね。お疲れ様とメールを送ると

            「ありがとうございます」と返ってきた。

            木の実

            2017.07.03 Monday

            0


              散歩道に木の実 グミ
              高校3年生になった長男がまだ小学校低学年
              何年生だったかなぁ、、、。

              バスの音が聞こえ
              もうすぐかえってくるだろうと外で待っていたのに
              なかなか帰ってこなくて

              バス停まで行ってみようとてくてく。

              いたっ。
              このグミの木の下にしゃがみこんで
              ばくばく食べていた

              よそんちのだからだめだよっていうと
              だっておいしぃもん。と

              ​そのグミ今年もそのおうちにいっぱい生ってる。


              懐かしぃ。。。

              インスタに

              2017.06.27 Tuesday

              0


                インスタグラムに
                次男さんの
                検定へ向けての練習を投稿しました。
                是非 みてあげてください。

                届いた 葉書

                2017.05.16 Tuesday

                0
                  iPhoneImage.png

                  ​届いた葉書

                  送り主は
                  長男

                  小松別荘 御中


                  ​男の子とは思えない可愛らしぃ 字で

                  梅雨のはしりのように気まぐれな空の下
                  十分 お体にお気を付けください

                  皆宛てに書かれた言葉に
                  何度も
                  なんども
                  ​読みかえしみました。

                  ​また宝物

                  ​ふ



                  ありがと



                   

                  歩幅合わせて

                  2017.03.05 Sunday

                  0
                    iPhoneImage.png

                    散歩に行くよっ
                    ​そう誘い出して・・・

                    iPhoneImage.png

                    もうすぐ春
                    日ごとに穏やかな気候

                    春うらら

                    iPhoneImage.png

                    ​木々が白くなっているのを
                    ふたりで

                    自然となった?
                    ペンキ?
                    ​どっちでも 白いといいよねぇ

                    iPhoneImage.png

                    ​山アジサイも白くなってる

                    ​見つけては立ち止まり
                    カメラを向ける

                    iPhoneImage.png

                    ​道に落ちていたら
                    それも
                    撮っておきたいんだよねぇ。

                    歩幅を合わせて
                    そして
                    こうしている間も
                    わたしが気が済むまで撮り続ける時間を
                    待っていてくれる

                    iPhoneImage.png

                    ここまで来たなら

                    ​婆ばのお墓参りして行こか。

                    そこにも
                    白いものに出会う

                    うすく
                    色落ちした

                    何でもない葉

                    だけど
                    息子と歩いているせいか

                    素敵ないちまいに見えた

                    気持ち次第で
                    見方はかわる。

                    ずっともっていると
                    美穂さん
                    その葉っぱ
                    いつまで持ってるの?


                    おうちまでだよ

                    iPhoneImage.png

                    ただいま。

                    ​穏やかな日曜日

                    次男 卒業式

                    2017.03.03 Friday

                    0
                      どのくらいの月日が流れただろう。
                      保育園 幼稚園 小学校
                      そして今日のこの日
                      中学校卒業式

                      泣き虫だった次男
                      寒いと泣き
                      痛いと泣き
                      怖いと泣き

                      長男がいたから頑張ってこれていた次男
                      心配で いつもどこかで泣いてるんじゃないかと。
                      そんな次男が変わって来たな
                      そう思い始めたのは部活でキャプテンになってから

                      顔つきがかわり
                      逞しくなり
                      もう大丈夫かなぁ。



                      この日がついにきた

                      3年前には
                      想像していなかった 今日のこの日


                      入学式と同じ場所で
                      小さくてあの時は見つけられなかったけど
                      大きくなったんだね
                      知らない間に。




                      先生からのメッセージ
                      次男は帰りの車の中で嬉しそうに

                      バスケの試合を見にきてくれていた事何よりも嬉しかったようでした。



                      生徒たちから
                      携わった先生方へ花束を。



                      教室の黒板は先生のメッセージがいっぱい。



                      本当に素敵なクラスに 先生に出会えて
                      良かったね。



                      胸元のコサージュが

                      優しく緊張をほぐしてくれたことでしょう



                      みんな卒業おめでとう。
                      先生からのこれからの宿題は
                      「幸せになりなさい」

                      世界にひとつの宿題だと思いました。この幸せは自分にしかつくりあげられない
                      世界にひとつの宿題

                      新しい一歩は
                      急ぎすぎず ゆっくり 踏み出せばいい
                      このクラスで良かった。
                      そう思えるクラスを
                      友を
                      先生を

                      1人でも多く見つけて行って下さい



                      全てが終わった後の駐車場から
                      見上げた空は

                      とてもきれいで やさしかったです

                      わたしたちは 今日 息子から



                      思い出詰まったアルバムと
                      卒業証書をいただきました。


                      大切な宝物が
                      またひとつ我が家にふえました。

                      ありがとう