清めの手洗い

2019.06.18 Tuesday

0

     

    お薬師堂の手前

    かかっているタオルは

    この辺をまわる銀行さんのタオルだった

    ここに住む人は一目みればわかる

     

    ちょっと

    笑ってしまった。

     

     

    さすが田舎っぽい

     

    そこがここの良さの一つのような気がしてならなかった

     

    「いまからお堂にはいります」

    手を洗う

     

    ハンカチなどでは拭かずに

    そのまま自然に乾かすのが

    清められた。と意味を持つ

     

     

    タオルは

    いらないのじゃないかなぁ・・・。

     

     

     

     

     

    薬師堂〜私の暮らす街並み〜

    2019.06.18 Tuesday

    0

       

      今年の毎月のお掃除は

      お薬師様

       

      日曜日の午後このお堂をお掃除した

      中を掃き

      床を拭き

      窓を拭いて

       

      全て終えたあと

      お祈りをした

       

      すると

      いままであまり気にもしていなかった

      記帳ノート

       

      掃除しました。とでも書こうかとひらくと

      ここを訪れた人たちの

      言葉は書かれていて

       

      記念にきました。や

      また来ます。など

       

      お掃除しましたなど書いては 叱られそう。と

      閉じた。

       

      お堂からでて

      綺麗になったお薬師堂を眺めた

       

       

      また来月。

       

       

       

      歩いて~わたしの暮らす街並み 〜

      2019.06.16 Sunday

      0



        毎月一回のお宮のお掃除。

        本来なら 明日 6月17日がそうであったけど

        夫さんの行事と重なり

        明日 行けそうになかったわたしは

        お客さまのご到着をあと一組、という状況の中 長野さんにお客さまのお迎えはお願いし

        雑巾 ゴミ袋を持って

        ひとり お宮へ向かったのです。


        夕方 温泉街のうたせ湯前にはちらほらと。

        男湯から賑やかな声と

        洗面器を置く時の爆ける音が

        聞こえていた。


        月に一度しかめっきり来なくなった。

        以前はこの温泉街で暮らしていたんだよなぁ。歩いて10分ほどの旅館のある

        別荘地、今はそちらへ引っ越したから。



        お宮から眺めた景色。


        決して賑やかな街並みではないけど

        旅を終え

        改めて自分の暮らす街並みをふりかえると

        ここにはここにしかない

        形がある。


        なかなか素敵じゃん。と

        そう思ったのでした。








        筋湯の街並み(私の暮らす街並み)

        2019.06.16 Sunday

        0

           

          久しぶりに

          裏道を歩く

           

          そこを歩いていくと

          薬師湯がある

           

           

          日替わりの男湯 女湯

          きょうは

          男湯の日

           

           

           

           

                      

           

           

           

           

           

          1