こんなところに

2019.06.23 Sunday

0


    こんなところに いた。

    あさごはんですよぉ

    2019.06.21 Friday

    0

      P1110150.JPG

       

      何日かに一度の朝ごはんの時間

      よってくるくるメダカさん

       

      おはよぅ。

       

      ちゃんと召し上がれ

      ちかっ。

      2019.06.19 Wednesday

      0

         

        小松別荘Instagramは

        愛犬さんを主に。と変更いたしました。

        その中で

        お宿の日々も時々お載せしようと思います。

         

        そんな今日のララァさんは

        カメラを近づけたら

        ちかっ。

         

        ボケボケですやん

         

         

        ま、それでも可愛いからねぇ

         

        ほんと

        飼い主馬鹿ですみません

         

         

         

        木苺

        2019.06.10 Monday

        0


          愛犬と少し遠回りした散歩路

          へびいちごが所々に

          へびいちごだけに

          蛇が生息しているのかと

          カサカサと葉が動くたび

          愛犬のビビリ様が可笑しかった。

          しばらく歩いて行くと

          木苺がいっぱい成っていた

          進めば進むほど大きな粒。


          持ち帰り食べようと数個


          帰りついてすぐに洗い食べた。

          甘酸っぱくおいしい。


          一応夫へ食べる?と聞くと

          子供の頃

          腹一杯食べたから

          いらないと言われた。



          ひんやり初夏

          2019.06.10 Monday

          0


            久しぶりにと車を停め

            ちょっとそこまでの帰り道に。

            ほんの少し霧のかかった景色を。

            空気も見た目もひんやりとし

            少し下界は暑かったのになぁ。

            やっぱりここは

            違う風が感じられるんだ、

            汗ばんだ下界とは違う。

            よそでは冷房が必要だというのに

            ここはまだ

            暖房なのだから。






            夜に見る マーガレット

            2019.06.10 Monday

            0

              P1110128.JPG

               

              夜に見たマーガレット

               

              雨が降ったあとの葉は

              外灯の光できらりと光っていた。

               

               

              レンズ越し浮き上がるように写り込むマーガレットが

              綺麗に見えて

               

              仕事帰りのほんの少しの時間を満喫

               

              日々の時間はこうして流れ

              一日を終える

               

              これもわたしにとっては小さな贅沢なのです。

               

              見送りながら。

              2019.06.09 Sunday

              0

                P1110118 (2).JPG

                 

                見送りながら

                今朝も・・・。

                 

                湯けむりとエゴノキの花が

                辺りをいい雰囲気にしてくれていた

                 

                 

                サッカーボールで

                おじいちゃんと遊んでいた

                男の子は

                散ってくる花を

                雪〜

                ゆき〜っ。

                そう言っていた。

                 

                 

                もう少し

                この光景はみれる

                 

                掃いても

                吹き飛ばしても

                散って 散って 道をまた白くしてしまう

                 

                うれしいような

                もういいよぉ。のような

                そんな気持ちを抱きつつ

                 

                 

                こうしている間も

                また

                ぽとぽとと

                エゴノキの花は

                おっこちる

                金平糖のような

                2019.06.07 Friday

                0


                  今 カルミアが綺麗。

                  当館のではないけれど

                  訪れた皆様が

                  金平糖みたいで可愛いって

                  おしゃってくれるから

                  まるで 我が家のお花のように

                  自慢気なわたしです。




                  繊細な

                  2019.06.07 Friday

                  0

                     

                    お客さんからいただいたお土産を

                    これお寿司にしたら美味しそうって言ったら 作ってくれました。

                    しかもオサレな感じに

                    まるでお寿司屋さんにいるような。

                     

                    顔はイケメンだが

                    少々怖。

                    性格も厳しめで

                    時々 わたしは行き場をなくす。

                    けれど

                    お料理はほんとうに繊細である

                    わたしの胃袋はもうめろめろだ。

                     

                    心は今

                    キングダムの王騎将軍へ

                    寄り道中

                     

                    ホタルブクロをみつけた朝

                    2019.06.05 Wednesday

                    0

                      P1110102 (2).JPG

                       

                      ほたるぶくろをみつけた朝

                      迷わずに摘み取った

                       

                      みつけたら

                      うれしくて・・・。

                       

                       

                       

                      こどものころは蛍をこの中にいれたこともあったけな、

                      ばあちゃんちで。

                       

                       

                      どこか懐かしく

                      ほっとする野の花

                       

                      まだ、蕾も摘んでみた

                      明日には

                      咲くかしら。

                       

                      夜になると

                      まだ少し寒いここ。

                       

                      蛍の姿はまだみていない

                      もうそろそろですかね

                      蛍さん

                       

                      待っていますよ