ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.04.19 Thursday

朝に出会ったお花は。

iPhoneImage.png

 

 

あさごはんの準備を終え庭をみる

木々が芽吹きはじめた縁にでた。

 

静かな ひんやりとした庭

朝露がいっぱい

 

苔の中には何かが見えて・・・近づいてみた

 

花がさいていた。

つんつんしてみた

 

こっちむいてと

指でちょっと動かしてみる

 

朝に出会ったお花は小さくてとてもかわいいお顔をしていた。

 

 

 

 

 

 

2018.04.16 Monday

それにしても



目覚まし前。
カーテンは閉めないまま眠った。

この窓から
星を眺めながら
いつのまにか眠っていて

夜中3時半に一度目が覚めたときも
この窓から空いっぱいの
星がみえていた。
それはとても綺麗な空でした。

再びいつの間にか眠っていて
朝が来た。



それにしても
お布団の中ってどうしてこんなに
ぽかぽかで気持ちいいんだろう。

うーっ。出たくないんだけど。

2018.04.10 Tuesday

ほーほけきょ



聴こえてきた声
ほーほけきょ
2018.03.29 Thursday

久しぶりの



風のない 静かな朝。
朝風呂にはいり
珈琲を外で。
そんな季節がついにやってきた。
冬を終え
春だ。


2018.03.27 Tuesday

朝時間

iPhoneImage.png

家を出てすぐ 飛行機の音がする
空を
見上げたら すぐに見つけられた。
​飛行機雲が少しだけできていたから
淡い色の空にそれはかっこよく素敵に。

昨夜はいつの間にか眠っていた。
​吸い込まれるかのように眠りについた。

朝がちかごろ早くやってきて
目覚まし前に目が覚める 今朝は5時10分。
​きっとカーテン越しの朝のひかりのせいだと思う。
冬の間は真っ暗だったのに
春が来たと同時にあかるくなるのも早くなった
当たり前だけど。。。
できればもう少し眠っていたいのだけれど。
ゆっくり起き上がり ケトルにスイッチをいれた
朝一番の珈琲をのもう。
愛犬は喉が渇いたと知らせにやってきた
水をそそぐとぺろぺろ音をたて飲みだした。相当喉が渇いていたんだなぁ。

それからくんくん部屋の中に何かを嗅ぎながらあがってきて
自分の匂い みぃつけた。と言わんばかりに居座った。


それを横目にわたしも準備をはじめる
珈琲を飲みながら。







 
2018.03.26 Monday

おはようございます。

iPhoneImage.png
3月26日 月曜日 

​夜があけるのがはやくなった 春がきたのだな。
​ゆっくりゆっくり朝焼けがはじまっていく空は
やさしく ほんわかした茜色だった。

おはよう今日。











 
2018.03.23 Friday

いろいろいっぱい感じた朝

iPhoneImage.png

 

霜で真っ白な庭となっていた朝

 

手のひらにほんの少しのっけた朝

 

iPhoneImage.png

 

霜柱でも立派に冷たい。

 

キーン冷え込んだ 空気澄んだ スカッとしてる朝は

なんだか久しぶりなようなそんな気がして

 

外へとでてみた朝。

 

大きく深呼吸して

空を見上げて

吐く息がまだまだ白くって

 

春が来ているはずだけど

冬と春がいま重なっているところかな。なぁんて思ったりした朝

 

いろいろ いっぱい感じた朝。

 

 

2018.03.20 Tuesday

美しい姿

雨の日でした。

雨にぬれても美しいものをみつけると

車をつい、停めて 

傘もささずに歩いて見つけた場所まで戻る

しとしと降っていた雨だったけど

撮っている間は

その雨粒も気にならなかった。

2018.03.19 Monday

ほっこりから始める週

P1080366.JPG

3月19日 

 

雨のはじまり月曜日

 

お客様の靴を並べていると

おもしろくってつい、笑った

 

P1080372.JPG

 

おやつをもらっていたみたいだけど

眠気に勝てなかったララァさん

 

おやつ のっけられてる

しかも

雪駄にはおててが。

 

P1080368.JPG

 

週のはじまりいきなりのほっこり

 

今週はほっこりから始めよぅ。

2018.03.17 Saturday

朝に見えたらうれしいやつ

iPhoneImage.png

朝に見れたらうれしいやつ

【飛行機雲】

きょうもこの標高1000mで花火があがる。3月の花火は宿から離れられず 木々の隙間から ちらりと見る程度 けれどそれでも十分幸せである。 音が聞こえる ただそれだけでも。愛犬さんには嫌な花火だけどね。

Powered by
30days Album