スーツは思い出。

2018.07.11 Wednesday

0

     

    読みかけてはうたた寝。

    働きはじめて お給料では買えず 両親にもおねだりできず
    初めてローンをくみ
    パンツスーツを買った、
    あの頃は恥ずかしながらぽっちゃりさんだったけど
    肩幅は狭いからとお直しを
    お願いして わたしの身体に
    ぴったりのスーツに仕上げてもらった。引っ越しするたび
    、結婚するときも一緒に
    手を通すこともないけど クローゼットの中に掛かっている。

    読みかけている本は
    「暮らしの在庫は人生の負債」「所有欲 持てば持つほど不自由」

    モノの詰まりは思考の詰まりとも。
    当てはまりはいっぱいあって

    意を決して もう20年着てこなかったスーツを処分しよう
    その前に
    最後に袖を通してから
    ・・・。

    うたた寝しては
    繰り返し 繰り返し 頭の中で
    このスーツの事でいっぱいになる。最後に袖を通した時
    ふたたび思い出す。
    持っている中でいちばん高いスーツ この先も着ることはないであろうが 初めて買ったスーツだ。

    その時の映像が蘇る
    本店のトキハで購入した日のこと ネックレスも一緒に買った事。

    パンツスーツが似合う女になりたいと思ったこと。

    そうしたら
    やっぱり 処分できなくて。
    きょうもクローゼットの中に
    かかったままとなっている。

    読みかけてはうたた寝。

    捨てられないのはスーツは
    モノじゃないということ

     

    本は教えてもくれるが

    気づかせてくれることもある


    わたしにとっては大切な思い出がこのスーツに詰まっている。

    だから捨てられなくて当然だ。

     

    読みかけてはうたた寝のおかげだ。

    だが

    風邪をひくというおやつ付きでもあるけれど。

     

    思い出のスーツ

    死ぬ時は
    一緒に入れてもらおう。

     

    夏のころ

    2018.06.11 Monday

    0

       

      養護学校に通っている男の子

      会えた奇跡に涙溢れました。

       

      あの日はただ ただ

      予約をキャンセルせざる得なくなった

      お母さんの震える声に

       

      私は言葉を失ったけれど

      予約のことは気にされなくていいです

      どうぞお子さんの傍にいてあげてくださいと

      電話を切った。

       

      それから秋がきて

      寒い冬がやってきた

       

      ふと

      あの子はあれからどうなったのだろうか

      時々思い出してみたりした

       

      野焼きがおわり

      ようやく高原にも春

       

      一本の電話がなった

       

      ネットで予約をいれておりますが

      もうだめかと思ったあの日

      キャンセルをして

      行けなかったものです。と

       

      その言葉ですぐにわかりました。

      思わず

      お子さんは?と

       

      元気になりました

      それで予約を再度入れさせていただきました。とのこと

       

      予約された日から2か月

      会えた昨日

      もう本当に心からうれしかったです

       

      忘れないでいてくれたこと

      元気になったお姿をみれたこと

      そんな奇跡がここに生まれたこと

       

      生きるという気持ちをあきらめないでいてくれてありがとう。

       

      またね、そういって

      かえっていかれ

      お見送りした後、客室へいくと

      おき手紙がありました。

       

      「おせわになりました。また来ます」

       

      丁寧な字に

      一生懸命折ってくれたカエル

       

       

      なんども楽しみにしてくれていたことを

      伝えてくれてありがとう。

       

      手作りのパウンドケーキも

      とっても とってもおいしかったよ

       

       

      直弥くんまた元気な姿をみせてね♡

      また会える日を楽しみにしているよっ☆

       

       

       

       

       

       

       

       

      ゆっくりとした時間の流れ

      2018.06.04 Monday

      0

        iPhoneImage.png

         

         

        Miyagemono

         

        愛犬と久しぶりのお散歩へ

         

        お散歩しながら

        お花摘み。

         

        シロツメクサと見たことない不思議な花も

        いっしょに。

         

        なんて花だろう。

         

        気になっていた

         

        仕事終わりインスタグラムを見ていると

        あーわたしが今日お土産に持ち帰った花が載っている

         

        その方のところにシライトソウと、、、。

         

         

        シライトソウって言うのかあ。

         

        すぐに花言葉を調べた。

         

        「ゆっくりとした時間の流れ」

         

        そうだ

        今日わたしは愛犬と15分の限られた時間のなか

        散歩へと行った。

        いろんな聴こえてくる声に耳を澄ませながら

         

        出会う人に挨拶を交わしながら

         

        四つ葉のクローバーを見つけよう。と

        けれど

         

         

         

         

        目に写り込んだのは

        小さな赤い実のへびいちごだった。

         

        四つ葉のクローバーさがしはやめ

        シロツメクサを摘んだ。

         

        そろそろ帰ろうか、と

        歩いていると

         

        草の生い茂る中にみつけた白い不思議な花が

        シライトソウ。

         

        花言葉を思い描くような時間が

        確かにあったなあ。と

        後になって気づく。

         

        じんわり汗をかいたんだよね〜

        珍しくさ。

         

         

         

         

         

        恋をしたのは。

        2018.04.09 Monday

        0

          森山直太朗の曲が好きなこと。

           

          初めて聴いた彼の曲の

          声に恋をしたのだ

           

          胸が

          きゅん。となって苦しかった

          寝ても覚めても

          何度も何度も聴いた。

           

           

          我が家から見える桜も

          日に日に 咲き誇る。

           

           

          大きな失敗をした日

          義父は

          生きていればいろんな事がある

          人生はそういうものだ

          泣くことはない

          怖がらなくていい

          ただ 一生懸命頑張っていればいい

          そう言ってくれた。

           

          夫も 頼れるところは頼ってくれ。と。言ってくれた

          なんでも一人で頑張るな。と

           

          息子も くよくよするなと言って元気付けてくれた。

           

           

           

          しっかり地に足をつけていなかったのは私自身であったこと。

          しっかりと地に足をつけて。

          前をしっかり向いて 顔をあげて 自分で乗り越えていくしかない。

           

           

          これがわたしに与えられた試練なのだと思う

           

          家族を頼らなかったわたしに与えられた心の傷と闇は

          一生消えることはないけれど

           

          後悔した涙の流した量の多さは これが最後にしたい。

           

           

           

          数年ぶりの声にまた 恋をしている

           

           

           

           

           

          風といっしょに いらっしゃった

          2018.01.10 Wednesday

          0

            iPhoneImage.png

             

            白いあさ

            風が時折

            吹雪となったり

            静まったり

             

            そうして

            風といっしょにいらっしゃった

            冬色した山紫陽花

             

            まっしろな雪と相性がいいようだ

            なんとも

            可愛らしく止まってくれものだと

             

            ブーツに履き替え近寄った

             

            しばらくして

            雪といっしょ

            風の吹くほうへ

            ふわり

            くるり

            舞い落ちかけては

            再び

             

            上昇したり下降したりを繰り返して

            見えなくなっていった。

             

            いまごろ

            どこかなぁ。

             

             

            2017.12.20 Wednesday

            0

              iPhoneImage.png

               

               

              友達

              親友

              心友

               

              わたしの中で彼女は

              心友。

               

               

              時々

              仕事の合間にも 彼女のことを話題にしている

              何故か 彼女は笑顔の源のような気がしてならないから

              話題になる。

               

              数日前も

              ふと

               

              その夜

              メールが届いた

               

              会いたいのか?私に(笑)なーんて調子にのる瞬間がある

               

              だけど

              そのようで

               

              予感的中。

               

               

              生憎予定が合わなかった

              だけど

              彼女は

              差し入れ。って言って

               

              届けてくれた

               

              私の好きなものの一つ

              マフィン

               

               

              会おうと思えば

              会える距離に

               

              彼女はいつもいる

              そして

              笑顔の差し入れもしてくれる

               

               

              わたしは幸せな1日に彼女のおかげでなれた。昨日の夜のこと

               

               

              心友に出会えたわたしは、ツイている。

               

              お昼に頂こう。心友が届けてくれたマフィン

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              今日もまた雨

              2017.10.16 Monday

              0

                 

                 

                月曜日の朝 ☔雨。

                別荘地は静かである 聞こえるのは

                傘に落ちてくる雨の音。

                 

                冷たい雨が今日も降っている

                こんなに冷たい雨続きだと

                温泉の温度もかわりやすい

                常時ついて気温確認をしなければと

                爺じが温度計をもって

                うろうろしている

                 

                 

                我が家ももちろん温泉

                うっかりしていた昨夜は

                ぬるかった・・・;つД`)

                 

                換気扇 窓を閉め

                ぬるいお湯にしばらく

                 

                たちまち浴室は蒸気でいっぱいに。

                換気扇をきっていたから

                雨の降る音

                虫の声だけが

                よく聞こえた。

                 

                はぁ〜っ。贅沢だ

                 

                湯船に浸かったままクレンジング

                いちにちのつくられていたお顔をすべて洗い流すとき

                 

                ほっ。とするのは

                私くらいなのかな・・・。

                 

                 

                ぐっすり寝た夜

                 

                朝がきた

                 

                今日もまた雨か。と窓の外を眺めながら

                今日いちにちのお顔をつくりあげた。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                迎えてくれる景色

                2017.09.28 Thursday

                0
                  iPhoneImage.png

                  別れの帰り道

                  ​友達のお父さんの訃報を昨日知った

                  彼女が中学生のころ もし両親が別れたら 高瀬はどっちと暮らす?
                  ​そう質問してきた日のことを思い出した

                  あの頃の私たちには考えもできない状況だったけど
                  ​仲良くしていた親友が 家庭の事情で転校を余儀なくされたことが
                  きっかけだったこと。

                  ​わたしはあの時なんて答えたのだろう。思い出せない
                  だけど彼女はお父さんと迷わず言った
                  ​なんで?っと質問をかえすと
                  彼女は 女の人はひとりになってもなんでもやっていける
                  でも男の人はひとりになったらなんにもできないから
                  お父さんを最後までみていたい。と

                  ​彼女は今カナダに住んでいる
                  ​英語でのおしゃべりは心地よく
                  よく高校の時はヒヤリングを聞かされ
                  うとうとしていたこともあったなあ。

                  わたしたちはそれぞれ違う道を歩んでいるけど
                  日本に帰国した時は同級生で集まり
                  ​わたしも時間が合えば出向いた

                  ​ 彼女のおとうさんとの別れの今日
                  彼女はあの日言った言葉の通り
                  ​お父さんと最後まで一緒にいた。

                  ​夏に帰国し夏休みを楽しんだそう。
                  カナダに帰るまでの時間を一緒に過ごし
                  ​お父さんも安心したんだと思う。彼女はそう話してくれた

                  おとうさんの表情もまた
                  穏やかで
                  眠っているようで

                  お星さまになって見守ってください。そしてお星さまになってカナダのお空にも
                  遊びに来てね。と言った彼女の子供たちの言葉が
                  ​今も耳に残っている。

                  降っていた雨があがった

                  ただいま

                  ​出迎えてくれた おむすび山
                  ​濃い霧に包まれていたけど
                  とてもきれいだった。水たまりにも 写り込んでいた


                  今夜は晴れ

                  お星さまになっているんだろうなあ、、、。


                  いちばん輝いている星にちがいない


                   

                  共に歩み

                  2017.09.19 Tuesday

                  0

                    共に歩み 18年を迎えた今日。そして旦那さん43回目のbirthday。
                    女将へ。
                    産んでくれてありがとう。おかげで出会えました。
                    18年前の今日 妻になると同時に嫁となり弟ができ 妹ができた記念の日。
                    爺じがわざわざわたしのところへ来て お前は綺麗だな。と言ってくれた事は
                    今でも忘れない。
                    いつも怖い表情だった父が初めて見せてくれた優しい表情にほっとした時でした。

                    旦那さん これからも共に同じ方向へ歩んでいこっ。よろしくお願いします。
                    そして happy birthday

                    若女将をしている今 たくさんの人に出会えたこと そしてこれからもたくさんのみなさんに出会い続けたいと思います。
                    ブログもさらにアクセス数が増え続けており嬉しい限りです。

                    これからも夫婦共々 、若女将ブログも引き続きよろしくお願いします。

                    ひとつ。

                    2017.08.31 Thursday

                    0

                      iPhoneImage.png

                       

                       

                      高原の夏

                      今年は暑かった

                       

                      「うちわを貸してください」

                       

                      あったのは

                      可愛くないどこかの宣伝用のうちわのみ

                       

                      しぶしぶそれをお貸しすることに・・・。

                      恥ずかしかった。と同時に

                      頭によぎったこと。

                       

                      その夜

                      うちわを持ち帰り

                      障子紙に張替え

                      マスキングで縁を。

                      それから

                       

                      ちまちま折り紙をちぎった

                       

                      仕事終わりのわずかな時間

                       

                      思った以上に時間がかかり

                      ようやくひとつ完成した

                      7月31日

                       

                      ふたつめをつくろう

                      8月1日

                       

                      昨日まで暑かった高原の風

                      嘘のように涼しくなった

                       

                      秋の風が吹き始めた

                      8月31日

                       

                       

                      うちわは

                      このひとつのみのまま

                      ふたつ目が完成することなく

                      夏が終わる

                       

                       

                       

                      ふたつめとなるうちわの完成は

                      きっと

                      来年の夏になるかなぁ。

                       

                       

                       

                      それもまた

                      たのしみ

                       

                      じわじわと

                      大好きな季節が近づいてきてる

                       

                      秋が始まり

                      秋がおわれば・・・。

                       

                       

                      ・・・

                       

                      待ち遠しぃ。