朝の露

2019.05.11 Saturday

0

    P1100986.JPG

     

    なんとなぁ〜くうれしぃ朝でした。

     

     

    あさいちは久しぶりのお山弁当。

    お部屋のお掃除

    それから

    次男PTA

    お宿仕事

    夜は花火大会

     

    スケジュールいっぱいな一日

    わたしの手 仕事人の手になってきたかな

    2019.05.03 Friday

    0

      P1100944.JPG

       

      もみじの花

      蜘蛛の糸に

       

      ゆらり ゆらり

       

      手のひらにのっけた

       

       

      私の手のひら

      こうやってみると

       

      仕事人の手

      ようやく

      なってきたかな

       

       

      とろけた

      2019.04.21 Sunday

      0

         

        甘くて ちょっぴりとけかけたころあいが

        絶妙においしい。

         

        ゆっくり 口の中でさらに

        とろけるような口どけ

         

        吹き出物できちゃうなぁ。

        太っちゃうな。

        そんなことも頭のどっかにあったりするけども

         

        チョコの甘さとその方の温もりに

        ちょっぴり甘えた夜。

         

         

        あーっ おいしい〜っ。

         

         

         

         

        もう平気。

        2019.04.17 Wednesday

        0

          P1100807.JPG

           

           

           

          心の奥底は癒えない

          それでも

          笑っていなければならないのだから

           

          しんどいなぁ。

           

          心の友は ただ 面白画像の自分の写メを何枚も

          送信してきた。

           

          それは 彼女なりの私を元気づけるための写真だったこと

           

          雨上がりの夕暮れに

          ほんの少し外へでた

           

          カメラをもってね。

           

          写真は正直

           

          心が乱れていては

          なかなかこれといった一枚は撮れないもの

           

          だけど ほらね

          素敵に撮れてないかしら

           

           

          わたしはこの一枚

          とても好きだな。。。

           

          きっともう

          平気

           

          そう思ったとき

          変顔を撮ってね

          彼女へ数枚送った

           

          わたし 元気だから。の意味

           

           

          言葉のない ふたりのやり取り

          彼女のやさしさと愛情に

          どっぷり 甘えました。

           

           

           

           

          思い出す

          2019.04.12 Friday

          0

             

            コルク

             

            小さいころ集めていたもののひとつ。

            なぜ、集めていたのかはっきりとは思い出せないけど

            よく来ていたおじさんから最初はもらって

            それから部屋に飾ったらかっこいいな・・・

            そう思い集めだしたような気がする

             

            子供のころは何でもひとつのものにハマると

            しばらくそればかり集めた

             

             

            大人になったらグラス片手にワインを。

            こどものころはぶどうジュースをワイングラスにいれ真似て

             

            きのうはワインのご注文があり

            コルクをみてふと、思い出した。

             

            忘れていく過去も多い中

            覚えている過去のことも多く

             

            そしてそのきっかけとなった人のことも思い出す。

             

             

             

             

             

             

             

            桃の蕾

            2019.04.08 Monday

            0

              P1100744.JPG

               

              どこぞの町より母が買ってきた桃の花

              しばらく玄関先のお水ちょりの場所に置かれ

              気づけば蕾ぷかぷか浮いていた。

               

               

              水浴びするにはまだはやかろに。

              白い花について

              2019.04.07 Sunday

              0

                P1100738.JPG

                 

                ここにやってくる春は

                どこよりも遅く

                どこよりも短い

                 

                庭の中はまだまだ枝ばかりと雑草だらけ

                そしてようやく芽をだしはじめた紫陽花たちがちらほらと。

                 

                そんな中美しい白い花

                こぶしが咲いている

                 

                陽の良く当たる場所は花開き

                陽のあまり当たらない場所は

                まだこれから、といったところ

                 

                木蓮ととてもよく似ているが

                ひとまわり小さいから これはこぶしね、って

                お見送り時にお話を少し

                 

                そんなわたしとお客様の会話を

                こぶしの花はどう聞いていたのかな・・・。

                 

                 

                2019.03.21 Thursday

                0

                  P1100589.JPG

                   

                  tuki / 3.21

                   

                   

                   

                  霧濃い雨の朝

                   

                   

                  雨が降り始めた夜

                   

                  昼間はあんなにお天気だったのにね、

                  天気予報見てなかったから

                  雨が降るなんて・・・

                   

                  びっくりでしかなかった

                   

                  しばらく濡れていく縁をみていた

                  夕食の片付けのなか

                  ぼんやりと灯り 浮かぶ庭

                  傘をさしお風呂へ向かうお泊りのお客様の姿

                   

                  傘を新しくしてよかった、と思った

                   

                  片付けは続く

                   

                  また雨の粒 縁に叩きつける

                  ふ。とした瞬間

                  光がみえた

                  さっきまで降り続いていた雨は

                  降っていない

                  ちがう窓から空をのぞいた

                   

                  覗いた先の

                  そこには

                  月の光がみえていた。

                   

                   

                  久しぶりにうっとりとみた月だった。

                   

                   

                  さっきまで雨だったよね

                  みて

                  月がみえるよ。

                   

                  わたしは傍にいた義父に教えた。

                  義父は

                  え?ほんとぉ。

                   

                  他愛ない会話だけど

                  時々の時々

                   

                  そんな会話もするのです。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  冬から春へ

                  2019.03.20 Wednesday

                  0

                    P1100564.JPG

                    3月に見た美しく 目に焼き付いた景色は

                    冬から春へと暦で迎える前の日だった。

                    空腹の。

                    2019.03.20 Wednesday

                    0

                      P1100567.JPG

                      ザラメみたい

                      空腹なわたしにはそう見えた。