今日もまた雨

 

 

月曜日の朝 ☔雨。

別荘地は静かである 聞こえるのは

傘に落ちてくる雨の音。

 

冷たい雨が今日も降っている

こんなに冷たい雨続きだと

温泉の温度もかわりやすい

常時ついて気温確認をしなければと

爺じが温度計をもって

うろうろしている

 

 

我が家ももちろん温泉

うっかりしていた昨夜は

ぬるかった・・・;つД`)

 

換気扇 窓を閉め

ぬるいお湯にしばらく

 

たちまち浴室は蒸気でいっぱいに。

換気扇をきっていたから

雨の降る音

虫の声だけが

よく聞こえた。

 

はぁ〜っ。贅沢だ

 

湯船に浸かったままクレンジング

いちにちのつくられていたお顔をすべて洗い流すとき

 

ほっ。とするのは

私くらいなのかな・・・。

 

 

ぐっすり寝た夜

 

朝がきた

 

今日もまた雨か。と窓の外を眺めながら

今日いちにちのお顔をつくりあげた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綴り | comments(0) | -

迎えてくれる景色

iPhoneImage.png

別れの帰り道

​友達のお父さんの訃報を昨日知った

彼女が中学生のころ もし両親が別れたら 高瀬はどっちと暮らす?
​そう質問してきた日のことを思い出した

あの頃の私たちには考えもできない状況だったけど
​仲良くしていた親友が 家庭の事情で転校を余儀なくされたことが
きっかけだったこと。

​わたしはあの時なんて答えたのだろう。思い出せない
だけど彼女はお父さんと迷わず言った
​なんで?っと質問をかえすと
彼女は 女の人はひとりになってもなんでもやっていける
でも男の人はひとりになったらなんにもできないから
お父さんを最後までみていたい。と

​彼女は今カナダに住んでいる
​英語でのおしゃべりは心地よく
よく高校の時はヒヤリングを聞かされ
うとうとしていたこともあったなあ。

わたしたちはそれぞれ違う道を歩んでいるけど
日本に帰国した時は同級生で集まり
​わたしも時間が合えば出向いた

​ 彼女のおとうさんとの別れの今日
彼女はあの日言った言葉の通り
​お父さんと最後まで一緒にいた。

​夏に帰国し夏休みを楽しんだそう。
カナダに帰るまでの時間を一緒に過ごし
​お父さんも安心したんだと思う。彼女はそう話してくれた

おとうさんの表情もまた
穏やかで
眠っているようで

お星さまになって見守ってください。そしてお星さまになってカナダのお空にも
遊びに来てね。と言った彼女の子供たちの言葉が
​今も耳に残っている。

降っていた雨があがった

ただいま

​出迎えてくれた おむすび山
​濃い霧に包まれていたけど
とてもきれいだった。水たまりにも 写り込んでいた


今夜は晴れ

お星さまになっているんだろうなあ、、、。


いちばん輝いている星にちがいない


 
綴り | comments(0) | -

共に歩み


共に歩み 18年を迎えた今日。そして旦那さん43回目のbirthday。
女将へ。
産んでくれてありがとう。おかげで出会えました。
18年前の今日 妻になると同時に嫁となり弟ができ 妹ができた記念の日。
爺じがわざわざわたしのところへ来て お前は綺麗だな。と言ってくれた事は
今でも忘れない。
いつも怖い表情だった父が初めて見せてくれた優しい表情にほっとした時でした。

旦那さん これからも共に同じ方向へ歩んでいこっ。よろしくお願いします。
そして happy birthday

若女将をしている今 たくさんの人に出会えたこと そしてこれからもたくさんのみなさんに出会い続けたいと思います。
ブログもさらにアクセス数が増え続けており嬉しい限りです。

これからも夫婦共々 、若女将ブログも引き続きよろしくお願いします。
綴り | comments(0) | -

ひとつ。

iPhoneImage.png

 

 

高原の夏

今年は暑かった

 

「うちわを貸してください」

 

あったのは

可愛くないどこかの宣伝用のうちわのみ

 

しぶしぶそれをお貸しすることに・・・。

恥ずかしかった。と同時に

頭によぎったこと。

 

その夜

うちわを持ち帰り

障子紙に張替え

マスキングで縁を。

それから

 

ちまちま折り紙をちぎった

 

仕事終わりのわずかな時間

 

思った以上に時間がかかり

ようやくひとつ完成した

7月31日

 

ふたつめをつくろう

8月1日

 

昨日まで暑かった高原の風

嘘のように涼しくなった

 

秋の風が吹き始めた

8月31日

 

 

うちわは

このひとつのみのまま

ふたつ目が完成することなく

夏が終わる

 

 

 

ふたつめとなるうちわの完成は

きっと

来年の夏になるかなぁ。

 

 

 

それもまた

たのしみ

 

じわじわと

大好きな季節が近づいてきてる

 

秋が始まり

秋がおわれば・・・。

 

 

・・・

 

待ち遠しぃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綴り | comments(0) | -

葉月

iPhoneImage.png




雲海がとおくにみえ
空気の澄んだ
ひんやりとした 高原の朝が
しずかにはじまる


​朝霧に包まれた山間もまた
​幻想的で美しかった

​ちょっぴり早起きをした朝に
ご褒美のような風景

心がふわり 穏やかとなり









 
綴り | comments(0) | -

あさの5分

iPhoneImage.png

あさの5分
みじかいようで とても長い
雫 ただその一点を フェアインダー越しに
何枚も何枚も撮り続ける
一度で納得することは ほとんどない

時々ブレて 見失う雫
レンズから目を離し 位置を確認し
ふたたび
ファインダーから覗きこむ

それでも見失う時は
人差し指を使って目印とする。

そんな事していると あらまあ
そんなところにいたのね、


iPhoneImage.png


野いちご みえて。

レンズを近づけ
いちまい。にまい。

あまりにゆっくり魅入っていた朝
たくさんの時間を使っちゃったな。と

時間を確認
あれ。
5分しか経っていなかった


静かあさ ゆっくり ゆーっくり
slowな世界にでもきてしまったかのように

奇跡な時間が過ぎておりました。


綴り | comments(0) | -

写真。そして 未完成

iPhoneImage.png

旅の思い出を写真に残してくれた。
その一枚一枚を
みんなでこのときはあーだった
こーだったと 思い出話しとなり
笑いに包まれる
その笑いの輪に みんなも集まって
なになに から始まり

自分ではない人が写っているのに
待ち合わせの場所で、だねとか
浜辺に2人が降りて行った時のだね、とか

そこから生まれる会話もまた
楽しい。

今朝
早くに目が覚めて
昨夜もらった写真をゆっくりとみた

何度見てもいい。
台風が去ったのにここはまだ雨。
ふと 頭をよぎったもの

よし。実行だ
髪を整え 仕度をし
車を走らせ我が子がいる実家へ

到着して車をとめ 玄関へ向かう
かつて兄の部屋だった場所は次男の部屋と今はなっている
ちょうど車をとめた場所からよくみえる
窓がついていて

カーテンのついた部屋

そのカーテンが開いたのが視界に入った

見上げると
次男がにっこり笑って手を振っていた。

愛おしいと思う瞬間。

玄関はまだ鍵がかかっていて
声を変え 朝早くにすみません おはようございます。と
声をかけると

母がはい おはようございますと
鍵を開けドアを開けてくれた


わたしとわかって
なーんね美穂ちゃんね。と言う

次男はわたしが来てることを母には伝えず
母が驚くのを 後ろで見ていた

わたしと次男 思うことは同じだった

長男もまた嬉しそうに何度も
どしたん ねえ なんでおると。と聞いてくる
そして朝ごはんを食べていた父が
どしたんか なんかあったんか。とちょっと心配そうに言う
まだ寝ていた主人にも声をかけずにうちをでたから
主人からも どしたんか?と携帯がなる

きをつけなければと 自分の中で気になっていたことを昨夜
指摘され、素直に聞き入れなければと思い
迎えた朝だった。だから そんな時間があるなら そんなことしてる余裕があるなら
その時間を違うことに使えるはず

そう思う気持ちが強く

実家へ。息子2人の駅までの
母が日頃してくれている事を
きょうは2人の母であるわたしが、、、

そうすれば
母も 母の時間が作れる。そんなこと思ったら
車を走らせていた。

正確なこたえ。

私はまだまだ未完成
これからも
一歩ずつ 誰かに指摘されながら 迷いながら
見つけながら
人生の旅をする。

間違いは間違いだと素直に受け入れる心は常に大切にしたい

振り返っても
そこには
風が
吹いているだけ。

この先 完成も得ないかもしれないけれど
時間は大切にしていきたい。
今しかない時間を大切に。
 
















 
綴り | comments(0) | -

はじまるいちにちを




《わたしのもう1人の兄》
あんなに降っていたのに。しとしと静かな雨の朝。わたしにはもう1人のお兄ちゃんがいた。わたしの生まれるずっと前に。。。名前しか知らない 写真もない 彼はたった数日だったけれど
その数日 愛されこの世を去った。祖父母や両親 おじさんたちも口々に言っていた。色白でとても可愛い男の子だったと。会ってみたかった

彼が生まれていればわたしは生まれていない。わたしのいろいろを彼は知っている。 今もそれはかわらない。お座敷に行き前に座り話しかける すると不思議と落ち着く。そんなわたしの中だけに彼は存在し、いつも傍にいて 守ってくれている。
今日はそんなお兄ちゃんの命日。
綴り | comments(0) | -

温泉。

iPhoneImage.png

お宿はもちろん 温泉
贅沢だけど
自宅も温泉

蛇口をひねれば温泉がでる

お休みの日。
あさに。
入りたいと思う時間はいつでも入れる

昨日出会った女性は
温泉はいろんなものを流してくれる気がします。と
疲れや
嫌なことも。。。

今朝その言葉をふたたび思い出した

朝風呂に入り

あー。ほんとだ
流してくれる。

じわじわ感じてきた。

ただね、温泉は流れっぱなしだから
私は
子供の頃からバスクリンやバブを入れて
色水になるお風呂が楽しみだったから
それが今はできないことが寂しい。

だから
お泊まりへ行くときは
私のバックには
必ず入浴剤がはいっている

一年に一度。その日を愉しむ

ちいさなユニットバスに
泡にするときもあれば
真っ白な
よく見るドラマのような


無い物ねだり。ですねっ

綴り | comments(0) | -

みれば

iPhoneImage.png

蛍に出会える場所がある
それを教えてくれているように




最近では里山が遠のいて
蛍と共にみかけなくなったという草

まだ小さかったころ
おばあちゃんちに行けば白い蛍袋が咲いていた
蛍を中にいれて遊んだこともある。


きょう、摘んで
もうないと思っていた蛍袋を
同じ場所でふたたびみかけた

みかければうれしい 歩いている足をとめ
摘まずカメラにおさめよう
蛍がわかるように。

そんなことを ふと。

夕暮れどきの ちょっぴり湿っぽい風が吹くころ
耳をすましながら 歩く
木々の揺れる音
バスの到着する音

週末を別荘で過ごす隣人の声

いまいる場所に 響く

それはやさしく 心地よく 耳にのこる。

そよそよ
吹いていた風


カメラをちかづけると
風 がやんだ


シャッターをきる
その瞬間は自身の
息もとめていたことに

今まで気づかなかった。






「綴り」カテゴリーをひとつ増やしました。













 
綴り | comments(0) | -
1