さむいさむい朝の好きなところ

2018.12.19 Wednesday

0

    P1100061.JPG

     

    さむいさむい朝が好きな理由。

     

    マイナスの朝に見れる

    現象に

     

    いつもうっとりさせられて

     

    手にして

    じっくりと見入る

     

    手のひらで次第にとけていく

     

    すると

    じんわりと

    手のひらがつめたくなる

     

    『冬』

     

     

    冬にしか見れない景色が

    ここにはある

     

     

     

    いちご狩りのおすそ分け

    2018.12.17 Monday

    0

       

      土曜日のこと

      甘くて

      大粒な

      つやっつやな

      いちごちゃん

       

      来る前にいちご狩りに

      行ってきて

      たくさんあるので

      たべてくださいっ。

      そう言って

      持ってきてくれた はなちゃん ありがとっ

       

       

      みんなでたべたよっ。

       

      はなちゃんは愛犬のララァさんが大好きで

      チェックインされると必ず

      ララァさんに声をかけにきてくれる

      女の子

       

       

      ララァさんもはなちゃんのこと覚えているみたいで

      落ち着いたご様子で

      まったりとしており

       

      日曜日の朝

      おうちに勝手に帰っていたララァさんでしたが

       

      はなちゃんが帰るときには

      おわかれを言いに 旅館へ戻ってきました。

       

      はなちゃんがララァさんを思ってくれるように

      ララァさんもはなちゃんが

      大好きみたい。

       

       

       

      また 1月に会いに来てくれるっていってくれたから

      ララァさんも会える楽しみができたね。

       

       

       

       

       

       

       

       

      愛されララァちゃん

      2018.12.15 Saturday

      0

        P1100023.JPG

         

        こんなにおりこうさんで

        こんなにおとなしくって

        こんなにお目目が大きくて

        こんなにみんなに愛され

         

        私たちを幸せな気持ちにさせてくれるのは

         

        ララァちゃんだけだよ

         

         

         

        白くて びっくりだった

        2018.12.14 Friday

        0

          P1100043.JPG

           

          屋根と庭の中

          真っ白で

          びっくりだった。

          風情あり

          2018.12.12 Wednesday

          0

            P1100027.JPG

             

            朝靄に包まれた朝

             

            大きな囲炉裏を灯すあかりがぼんやりと浮かぶ。

            玄関の門灯もぼんやり。

             

             

             

             

            つかまえた

            2018.12.10 Monday

            0

              P1100012.JPG

               

              つかま〜えた。

              自然の中

              2018.12.10 Monday

              0

                P1100007.JPG

                 

                霜柱と霜柱の間 潜入

                届いた鉄瓶をみて。

                2018.12.10 Monday

                0

                  IMG_3545.jpg

                   

                  以前つかっていたものは

                  古くなり 穴があいて

                  水がすたすたと落ち始め

                   

                  せっかく火をおこしても 消えてしまい

                  買い直さなきゃなぁ。と

                  そうこうしているうちに夏が来て

                  囲炉裏の上は蓋をされ

                   

                  新聞や灰皿などが置かれていた。

                   

                  夏が終わり

                  秋がきて

                   

                  そろそろ 冬がやってくるね。と

                  鉄瓶を注文

                   

                  しばらくして届いた

                  結構 待ったような気がするけど

                   

                  まっ いっか。

                   

                  ふたたび 蓋は外された。

                   

                  届いた鉄瓶をみて

                  ん?

                  気のせいかな・・・

                   

                  まぁ 置いてみよっ

                   

                  あれ?なんか小さっくない?

                   

                  どうやら

                  大きさ

                  間違っちゃったみたい

                   

                   

                   

                  ハハハハハ

                   

                  とりあえず(笑)っとこ。

                   

                   

                  いっぱい いーっぱい

                  2018.12.09 Sunday

                  0

                     

                     

                     

                    庭に

                    いっぱい

                     

                    霜柱

                     

                    あっちにも

                    こっちにも

                     

                    それは

                    それは

                     

                    ありとあらゆるところに

                     

                     

                    できていた。

                     

                     

                    お昼前でも

                    気温は

                     

                    マイナスだ。

                     

                    溶けるはずもないなあ。

                     

                    嬉しんだよね こんな日は

                    2018.12.07 Friday

                    0

                       

                      こんな日の朝は嬉しんだよね。

                      目覚ましをセットした夜

                       

                      深い眠りにつき

                       

                      朝 予定の時間に目覚ましが鳴る

                      今日の予定を

                      思い出した。

                       

                      日曜日から修学旅行へ行く次男くんの

                      四日分の荷物

                       

                      先に現地へ送る為 学校まで

                       

                      次男も一緒に送り届けるんだった

                       

                      だから

                       

                      目覚めの珈琲を淹れた。

                       

                      お母さんから始まる朝は久しぶり。

                       

                      だから

                      嬉しんだよね。

                       

                      珈琲も

                      特別美味しく思うんだ〜。

                       

                       

                      お母さん最強

                      だってさ

                      わたしにしかできないもん

                       

                       

                      わたしにしかできない。ここ 大事。(笑)