ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.07.16 Monday

真新し

いす.jpg

 

とある客室に

真新しい椅子とテーブルがおかれまして

 

それは今までにない空間を

そこに作り出しており

 

 

お部屋へ行く度に

 

「お〜っ、いいね」といいながら

腰かけてしまうのが最近の日課。となっております

 

もし この光景をみたら

先ずは・・・腰かけてみてください

 

 

 

2018.07.16 Monday

あさの思わぬ・・・。

nejibana.png

 

あさの 思わぬ訪問犬のおかげかな

 

ことしのネジバナをみっけ。

 

愛犬が大好きな

同じ筋湯にすんでる七ちゃん

 

気づいたら

我が家に遊びに来てました。

 

ららぁも七ちゃんにだけ心を開いていて

 

なかよしこよし

 

nakayosi.jpg

 

遊びにきてくれたので

ふたりで

お見送りをしました。

 

 

2018.07.15 Sunday

高原もおあつーございます

ほされる.jpg

 

連日狂ったように草むしり

 

麦わら帽子が大活躍。

 

そんな中

お庭の上の方は

私たちにもどうすることもできず

 

ついに

 

つよ〜い助っ人がやってきてくれました。

 

niwa2.jpg

 

義弟です

 

仲間をいっぱい連れてきてくれて

 

にわ.jpg

 

 

病気でだめになったななかまども

 

綺麗に伐採してくれ

 

お庭は

見違えるほど

きれいになりました。

 

 

生い茂っていた庭だったけど

明るくなって

 

なんども なんども

見に行ってしまうのです

 

 

消毒もしてくれました。

 

おまけにおうちの庭にもお薬をまいてくれました

 

 

めでたし めでたし

 

 

 

2018.07.14 Saturday

短い夏の傍で

つゆくさ.jpg

 

朝にツユクサ

短い夏の傍に 秋の気配。 

 

 

 

 

 

 

2018.07.14 Saturday

もうお顔だしてたよ

ひごたい.jpg

 

綺麗に草刈りがされていた泉水ロード

 

ヒゴタイ

 

もうお顔をだしていたよ

 

夏が来たと思ったら

 

もう 秋が近づいているんだなっ。

 

 

2018.07.13 Friday

プロ職人用

ho-ki.jpg

 

狂ったように 草むしり

 

お買い物に出かけていた爺じに

熊の手買ってきてと電話した

 

 

まさかの

プロ職人用

 

わたしはプロではないのだけどなぁ。

 

いや

考えかたによっては

プロというこの言葉が

わたしの隠れている才能を引き出そうとしているのかもしれぬな。

((笑))

2018.07.12 Thursday

夏らしい。いけなおされました。

hana.jpg

 

館内のお花は

女将がいけております

 

きょうも涼しげな

夏らしいお花にいけなおされました。

 

 

 

2018.07.12 Thursday

みあげるそら

P1090380.JPG

 

冷たい風が入り込む夜

窓をしめようとしたとき

 

空いっぱいの星がみえた。

 

この日はひとりであった

 

天然プラネタリウムを楽しんだ。

 

風がふわ。と横切った

 

 

2018.07.10 Tuesday

我慢できずに食べちゃった

 

 

この3日間 空いた時間に庭へ行き

お手入れをしていた

 

そのうちの2日はひとりで

狂ったように草をむしり

沙羅の花を拾い集め

 

木くずを拾い 葉たちはほうきではわきの

午前中 は汗だく。

 

そして3日目の今日

今日はお掃除のおばちゃんと

女将も庭へ入り

 

朝早いうちに若旦那がある程度カットしてくれていたものの

片付けと またまた沙羅の花を拾い集めの作業

 

するとバリバリ機械の音がする

 

音の方へ行くと

女将がバリカンで どんどん草を刈っていた

 

わたしがバリカンでするといったら

爺じと爺じの友達が

怪我をしては大変だからやめておけと

散々止められたが

 

女将がしておるではないか!

ちょっと

いや

かなりぶったまげた。

 

女将 そんなことできるん?

心はそう聞いていたけれど

発しはしなかった。

 

 

それからも3人で黙々としていった。

もうすぐお昼だ

 

もうやめようか。と

お茶を自販機で買ってのんだら

 

それはもう最高に美味しいといったら。

 

それからわたしは汗だくのまま

おばちゃんをお家まで送り届け

帰りにお店やさんに寄り

パンと焼きそばUFOを買った

 

 

帰り着いたらたべるはずだったのに

途中で

お腹ペコペコ。

 

我慢できす

パンをあけてパクり。

 

バターの効いた塩パン。

うまい

 

ちょっと落ち着いたと思ったけれど

ひとつで食べたらず

帰り着くまでにふたつ食べてしまった。

 

家に帰り着いて

すぐに

温泉へばしゃん

全身キレイキレイしてから

湯を沸かし

ノンアルと焼きそばを。

 

くーっ。最高だ。

 

 

今までは女将が一人でしていたお庭の手の届く範囲の掃除

もうこれからはわたしがして行かないとな、と

 

多くの方に訪れていただけるように

女将が時間をかけてしていたこと

見て見ぬをし

草にまけるからとにげてきた16年

 

お部屋の掃除でいっぱい いっぱいだった

 

けれど

 

それは逃げだったこと

 

庭をみて喜ぶお客様のお声に

目が覚めた。

 

わたしは若女将だ。

しなくていいことは何ひとつない

 

家族でしている小さな宿だからこそ

甘えてばかりでもいられない

 

 

お庭はまだまだ途中ですが

わたし達が綺麗にしているお庭を見に来てください。

 

 

この夏 また若女将 さらに成長していきます。

 

 

 

 

 

 

2018.07.10 Tuesday

きみ 可愛いな。

 

朝  最後のお客様のおみおくりをすませ

玄関先を歩いていると

 

お。

 

ヤマボウシの実 みっけ。

 

 

きみ 可愛いな。と拾った

 

ほらっ

可愛いでしょ

 

 

Powered by
30days Album