ラジオ体操

2018.10.10 Wednesday

0

    P1090863.JPG

     

     

     

    まだうす暗い朝

    音量は小さめに

     

    ラジオ体操をしてみよう。と思い立ち

    外へでた

     

    昔はラジオから聞いていた懐かしい声

    いまは

    携帯からYouTubeでながれる

     

     

    しかも

    映像付き

     

    大きく深呼吸からはじまり

    ゆっくり深呼吸でおわる

     

     

    空は曇っていたけど

    爽快な気分

     

    あしたも早起きしょ。

    まさかね。

    2018.10.09 Tuesday

    0

       

      つめたい空気の朝

       

      ふんわり優しい空を久しぶりに見た気がした

       

       

      愛犬は午前2時半にこの小屋へ移動した

      私がこの空を見ているとき うらやましいほどにスヤスヤと眠っていた

       

       

      愛犬さんへ

      夜中にわたしの鼻をなめて起こすのはやめてください

      そして

      自分だけ気持ちよさそに寝るのはいかがなものかと

      思うわけであります。

       

      しかしながら

       

      あの綺麗な満天な星空を眺めることができたのは

      ぐーすか眠っているわたしの鼻をなめて

      起こしてくれたおかげ。

       

      ほんとうにきれいな星空を

      みさせてくれて

      ありがとね♡

       

       

      もしかして

      わたしに見せたかった空だったのかな・・・。

       

      まさかね。( *´艸`)クスクス

       

       

       

       

       

      母がつくる渋皮煮

      2018.10.07 Sunday

      0

        秋になり栗が採れ始めると

        私の母が渋皮煮を作ってくれる

        今年もその時期となった。

         

        そんな中母が風邪をこじらせ

        安静にしていなくてはとても危険だと。

         

        咳がとまらずおなかに水が溜まった状態の母

         

        そんな時にでも渋皮煮のことを気にかけ

        今年は作れるかわからないといった

         

        わたしはそんな作らんでいいよ

        とにかく安静にねちょってよ お願いやけん

         

        父も母が体調が悪いから元気ないし

        次男もまた どこかしょんぼりしている

         

        いつだって弱いところは見せられないわたしだ

        強くいなきゃ 

        いざとなったら なんとかしなきゃ

        実家の掃除洗濯もした

         

        母に作ってあげるおかゆはいつぶりだろうか。

         

        母の電話の声が元気になった

        それは父の誕生日の日10月5日だった

         

        母の様子と父にお祝いをと向かう途中

        病院へ行こうとしている母にばったり道で会った

        起きれるようになったし だいぶいいといいながら

         

        来るなら言ってくれたら準備しておいたのに

        でも冷蔵庫に入れてあるから持って帰って。

         

        そう

         

        そんな状態であっても愛情込めてつくりあげてくれたもの

         

        P1090850.JPG

         

        栗の渋皮煮です。

         

        つやつやなきれいな

        ほんのり甘くてやわらかで最高においしい渋皮煮

        小松別荘に今年も届きました。

         

        雫に惹かれ

        2018.10.03 Wednesday

        0

          P1090829.JPG

           

          朝5時の空は星が綺麗にみえていた

           

          門灯に照らされた朝露がきらんとまぶしく見えた

          この時間に朝露はみれるのか。と

          ひとつの発見だった。

           

          雨の日は雨の滴をたのしんだ

           

          晴れの日は朝露を。

           

           

           

          そこに咲いて

          2018.10.02 Tuesday

          0

             

            そこに咲いていれば

            摘んで

             

            それに合う花挿しをさがした

             

            台風がくるからとしまっておいた中から

            ガラスの花挿しをだした

             

            お水をいれ

            花を挿した

             

            まずは記念写真といきましょうか。

             

            それから

            どこへかざりましょう。とか考えてみる

             

            その時間もまた

            わたしにとっては楽しぃ

             

             

            あちこちに置いてみた

            掛けてみるのもいいかな。とぶらさげる道具をさがした

             

            しかし 風が吹いてガラスが割れたらという

            最悪な状況が頭をよぎった

             

             

            いろいろ考えているうちにお家へと持ち込んでいた

             

            たまたま置いてみた場所がなかなか素敵であったので

            そのままそこに飾った。

             

             

            山野草 野の花は素朴だけど

            豪華なお花にはない

            やさしさを感じ

             

            決して目立ちはしないけど

            その存在感は大きぃ。

             

            ただそこに飾ってみるだけで

            うれしくなったりするものです。

             

             

            しあわせな気分になるものなのです。

             

            ハピバ&19年目

            2018.09.19 Wednesday

            0

               

               

              9

              19

               

               

              夫さん44回目のbirthday

              嫁いで19年目。

               

              きょうは2つのお祝いの記念日となりました。

               

              ケーキは

              爺じと女将から。

              わざわざ買いに行ってくれたみたいで

              思いがけず

              嬉しかったデス!

               

              きょうは晩御飯セーブして

              ケーキ

              おなかいっぱい食べる予定です♡

               

               

               

               

               

              ながれ

              2018.09.12 Wednesday

              0

                9月12日

                 

                雨が降っている

                小さな雨

                静かな雨

                 

                家の中は洗濯機が回る音

                パンを焼くトースターの音

                 

                それからカチカチパソコンの文字を打つ音。

                 

                そうしていると

                パンは焼けたと チン。と音をならせる

                 

                打つ手をやめる

                 焼けたパンをとるために。。。

                 

                 

                11時間も眠っていた

                おなかが空いて目が覚めた

                 

                起きてすぐにお湯を沸かした

                その間に顔を洗い

                 

                湯が沸いて 珈琲を淹れのむ

                 

                パンは若干焦げた

                こまったものだと しばらく考えた

                 

                分厚くカットした食パンは

                上の方だけ焦げた状態

                 

                カットナイフを出すのは面倒だ

                手でちぎった

                 

                ちぎったパンは再びトースターの中に

                 

                朝二度目のチン。

                完成はもちろん めちゃくちゃとなる。

                だが 同じパンである

                焼き加減も最高だ。

                 

                失敗は成功のもと。

                 

                焦げたおかげでちぎって焼いた

                うん、おいしぃ。

                 

                41509720_1665973686863098_3351338641489133568_n.jpg

                 

                 

                 

                同級生のおうちはパン屋さん

                2018.09.07 Friday

                0

                  41189659_1660425900751210_3071159795714097152_n.jpg

                   

                  パン屋の前をとおって行くと わたしの父の床屋はある

                  通る日は いつもここのパン屋のパンを眺めながら向かう

                   

                  もちろん帰りもこのパン屋の前を通る

                   

                  きょうは久しぶりにおやつに買って帰ろ。

                   

                  車を停めた

                  しばらく外から物色する

                  よし

                  あれとあれとあれを買おう。

                   

                  ここは同級生のおうち

                  おじちゃんのパンは素朴で懐かしい味がする

                  いつも笑顔がおじちゃんの素敵なところ

                   

                  今日はコッペパン

                  ブルーベリークリームの入ったパン

                  生クリームの入ったパン

                  メロンパン

                  エビカツサンド

                   

                   

                   

                  爺じと女将にこしあんぱんを買った。

                   

                  夏の間はケーキを焼かない

                  もうすぐしたら

                  パンだけじゃなくてケーキが並ぶ

                   

                  わたしはおいちゃんがつくるモンブランが大好きだ。

                   

                  はやくそのときが来ないかなぁ。と

                  よだれたらして待っている。

                   

                   

                   

                   

                   

                  ふにふに。

                  2018.09.05 Wednesday

                  0

                    40792346_1658152557645211_1960949838195458048_n.jpg

                     

                    『私時間=幸せ時間』

                     

                     

                    女将とお友達の女性は

                    わたしもおともだちぃ。

                    年上だけど・・・好きなひとり

                     

                    あさ母を訪ねてやってきた

                    母は今日は留守なんですよ。って伝えると

                    TaoのTシャツをきていたので

                    そのお話で少し井戸端会議。

                     

                    じゃ またね。と帰って行った。

                    思ったら

                    再びもどってきて

                     

                    きれいなお嬢さんへプレゼントといい

                    右手にラーメン

                    左手に乃が美の食パン

                    どっちがいい?

                    好きな方あげる。と言われたわたしは

                     

                     

                    40684202_1658152590978541_6414419801287950336_n.jpg

                     

                     

                    迷わず・・・乃が美の食パンがいぃ。といただいた。

                     

                    パンの耳までやぁらかで

                    ふにふにしている

                     

                    お昼になにもつけずに

                    そのままざっくり。

                     

                    はぁ〜しあわせぇ。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    風よとまれ

                    2018.08.26 Sunday

                    0

                      P1090676.JPG

                       

                      風が邪魔する

                       

                      P1090677.JPG

                       

                      まだまだ邪魔する

                       

                      P1090678.JPG

                       

                      よし!と思ったのに

                      また邪魔された。

                       

                      風よ〜っ

                      止まれ

                       

                      P1090679.JPG

                       

                       

                      とまった。