手のひらで くしゅー。

2018.12.09 Sunday

0

     

     

    いつもより

    長い 霜柱

     

     

    手のひらにのっけて

    それから

    くしゅーっと

    音鳴らして遊んだ。

     

    だからね

     

    お庭の奥の方にできていた

    霜柱は

     

    わたしのお遊びのせいで

     

    すべて

     

    形  

     

     

    なくなっちゃった。

     

    ごめんさい

     

     

    だけど

     

    いい音 するんだよね

    だから

    つい

    ついね

     

    みなさんも是非

    見つけたら

    やってみてください

     

     

    自然がつくる綺麗なかたちからうまれる

     

    聞いてみてください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ぼんやり見える山々が。

    2018.12.09 Sunday

    0

       

       

      次男は無事に出発した。

      帰り道

      ぼんやり見える山々が

      白い帽子をかぶっていた。

       

      きょうも寒い一日になりそうだ。

       

       

       

       

      母が淹れてくれた珈琲は。

      2018.12.09 Sunday

      0

         

         

        修学旅行へ出発の朝

         

        次男を見送る為 昨夜より実家へお泊まりして

        朝を迎えた。

         

        温泉暖房で日々生活しているわたしに

        実家でのわたしの寝床は

        冷凍室のように 冷えていた。

         

        ちょっと風邪ひいたかな。

         

        目覚ましで目を覚まし

        台所へいくと

        母が美穂ちゃん ごめん 薄くできちゃった。と

        珈琲を淹れてくれた

         

         

        たしかに薄かった

        だけど

        母は 気持ちはいっぱいよ。って

         

        そう言って笑った。

         

         

        おいしゅーございました。

        母さま。

         

         

         

         

         

         

         

         

        16時47分出会い 見てた空

        2018.12.06 Thursday

        0

           

          綺麗をおいかけたら

          ここまで来ちゃった。

           

           

           

           

          ひとりを愉しむ時間は時々必要で

          撮りたい景色と出会った瞬間

          路肩に車を停め 写した

           

          気にせず ゆっくり 眺め

          何枚も 何枚も。

           

           

          自然と きれいだーっ。と

          大声で叫ぶ自分がいたりするから

          可笑しい

           

           

          こんな景色を見れた日は

          神様からの贈り物のようで

           

          大切に忘れないように 目に焼き付けていたい

           

          そう思う。

           

           

           

          12

          5

          (水)

           

          晴れ

           

          16

          47

           

           

           

           

          お隣りさんちの山茶花

          2018.12.01 Saturday

          0

             

             

            12月

             

            新たな月 今月もどうぞよろしくお願い致します。

             

            朝のうちは曇っていたけれど

            青空見えはじめましたっ

             

             

            お隣りさんちの山茶花が綺麗に咲いている

            だけどここは別荘地

             

            お隣さんはこの綺麗な頃 ここに来ない限り

            見れないんだよね、

             

            もったいない。

             

            わたしは咲きはじめから終わりまで 見届けることができる

             

            お隣りさーん

            綺麗に咲いていますよー。

            ひとつ またひとつ咲き

            日ごとふえてますよ

             

            今年は特にたくさん咲いているようです

             

            花びらが我が家の庭に舞い込むと

            そこだけピンクの絨毯。

             

            綺麗のおすそ分けを頂いてますよー。

             

             

             

             

             

             

            巫女さん

            2018.11.29 Thursday

            0

               

              「巫女」

               

              夕暮れ時 美しい掃く姿

              その音 静か

               

              実は

              ずいぶん昔

               

              わたしも

              巫女さんになった経験がございます。

               

               

              おやすみの日に

              2018.11.29 Thursday

              0

                 

                お休みの初日は

                以前から行ってみたいと思っていた

                祐徳稲荷神社へ。

                 

                Instagramでお友達の情報に基づいて

                スニーカーを履いての参拝です。

                 

                 

                沢山みえる鳥居に吸い込まれていくかのように

                歩いていく

                 

                この先に待っていた

                石の階段

                 

                 

                 

                 

                みて

                ここよ。

                 

                これ登るのよ

                 

                ムチだと思ったわ

                 

                お休みの初日

                体力などほぼほぼ残っていなかった

                身体に

                 

                追い打ちのムチ。

                 

                まだいける

                まだやれるだろ

                 

                そういわれてるような・・・。

                 

                 

                奥の院までたどり着いて

                降りてくる人々は

                 

                神のように

                やさしい笑顔で

                わたしに声をかけてくれた

                 

                あと少しよ

                がんばって

                 

                それはひとり ふたりではなく

                多くの人に・・・。

                 

                しかし

                 

                そのあと少しが

                遠い

                 

                まぁー遠い

                 

                足は限界だった

                 

                けれど

                辿り着いたときの爽快感といったら

                 

                途中声をかけてくださった

                みなさん

                ありがとうございました。

                 

                わたしも辿りつくことができました。

                 

                 

                駐車場で

                オロナミンC

                 

                最高に美味だったわぁ。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                静かなる波音

                2018.11.28 Wednesday

                0

                   

                  静かなる波音

                   

                  ちゃぽん ちゃぽん

                  静かに

                  そしてやさしく

                   

                  ゆっくり ゆっくり

                  ゆらりゆらり。

                   

                  心地よく 耳にそっとのこる音。

                   

                   

                  8歳の 心希ちゃん

                  2018.11.25 Sunday

                  0

                    46843957_1757812064345926_954626682776453120_n.jpg

                     

                    8歳

                    おめでとうのお祝いを一緒にできる幸せ♡

                     

                    彼女の成長を勝手に見届けると決めてしまった

                    九州のじいじ

                    九州の婆ば

                    九州のパパ そしてみほちゃんです。

                     

                    わたしだけ九州のママじゃないのはいまだ

                    はてなはてな。

                     

                    だけど みほちゃんって呼んでもらえることが

                    すんごくうれしぃ。

                     

                    46746516_1757812091012590_1540816747186094080_n.jpg

                     

                    ぱっつん前髪も 愛らしい 心希さま

                     

                    朝 きょうかえっちゃうねっていうと

                    しきちゃんは アルバイトしたい。=ここにいたい。

                    と言ってくれて

                     

                    みほちゃんは うるうるしちゃったよぉ。

                     

                    こっちの小学校へ転校してくると手を握って言ってくれ

                    小学校2年生なのに 気を使ってくれました。

                    ありがとね心希ちゃん

                     

                     

                    もうきたない心のほうが大きく膨らんでいた

                    みほちゃんの心にやさしいぬくもりが吹き込まれた気がするぅ。

                     

                     

                     

                    なかなか別れられなった朝

                    九州のパパと呼ばれてでれでれな

                    若旦那

                     

                    46520021_1757812074345925_1626747416302583808_n.jpg

                     

                    帰る前にと一枚。

                     

                    いくつまでそう呼んでくれるかしらねっ

                     

                    呼んでもらえなくなった日がきたら

                    ものすごいショックだろうなぁ〜。

                     

                    九州のパパ あとでこっそり泣かんでよぉ。

                     

                     

                     

                    みんなの永遠のアイドルは

                    お家へ帰っていきました。

                     

                    見えなくなるまで

                    め〜いっぱい手を振りながら。

                     

                     

                     

                    待っているよ。また会いに来てね

                     

                     

                     

                     

                    mont-bellカップ

                    2018.11.19 Monday

                    0

                       

                       

                      長者原にあるmont-bellに行った日の事

                       

                      あの日 わたしはこのカップを買った。

                       

                      山にも行かないし

                      キャンプもしないけど

                       

                      気分は味わいたかった。

                      ただそれだけのこと

                      朝 このカップでのんでみたくて少しだけ

                      早起きをした

                       

                      お湯を沸かし セットし

                      湯を注ぎ入れ

                       

                      最初はゆらゆら揺れる湯気を楽しんだ

                       

                      それから顔を近づけて香りを楽しんだ

                       

                      そして次は

                      持ち手が熱くないかを確認した

                       

                      熱くない。

                       

                      最後に珈琲をゆっくりと飲み干した。

                       

                      はーーっ

                       

                      美味しい

                       

                      わたしの1日はこうして始まった。