実父の涙

2018.12.13 Thursday

0

     

    「父の涙」

     

     

    父と母は今年の11月に結婚して50年を迎えた

    いろんな長い永い道を歩んできたことだろう

    2人の出会いは母が務めていた職場の中にある床屋で父が

    働いていた時 恋におちた

    大恋愛だった 母の父に猛反対されたが

    2人の愛は そんなもんじゃなかったようで・・・。

     

    爺ちゃんの負け・・・。

     

     

    結婚当時は お金もなく小さなお菓子屋さんの2階で

    暮らしていたという

    兄が生まれ

    何とかお菓子屋さんの2階ではない場所を借りれるまでになった二人は

    小さな住宅へ移り住んだ

     

    それからわたしが生まれた。

     

     

     

    母はわたしが保育園のころ理容学校へ行き

    免許を取得し

    小学校のころ車の免許を取得した。

     

    お休みは日曜日だった

    父は理容の組合に入らず

    こどもに合わせて日曜日にこだわってくれ

    いろんなところへ

    遊びにいったり

    休日を過ごした

     

    理容組合の人に組合に入らない人には

    材料はおろさせないと意地悪をされたこともあったけど

    父は負けなかった。

     

    兄もわたしもたっぷり愛情をもらい育った

     

    この50年 私たちの知らない苦悩もあっただろうが

    父の落ち込んでいる顔をわたしは一度もみていないし

    涙を流したこともない

     

    いつも笑顔で笑わせてくれた

     

     

    そんな父が 涙をながしたと 母からの電話。

     

     

    父の両親がなくなったときも 兄が重い病気をした時も わたしが嫁ぐときもなかなかった父が

    泣いた?

     

    先日 大好きなカラオケを披露する日があった

    結婚50年ということで

    司会の方が読み上げたことばに

     

    この50年のことが頭をよぎり

    涙が流れたのだという。

     

    その話を聞いて

    わたしもまた涙が流れた。

     

     

     

    両親のように笑顔の絶えない そんな家庭を作りたいと思い

    わたしも結婚をした。

     

    まだまだぜんぜん追いつかないし

    追い付けないけど

     

     

    2人の娘に生まれて

    本当に幸せ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    一瞬晴れたけど

    2018.12.11 Tuesday

    0

      朝のうち一瞬だけ晴れ間がみえた

      それはとてもきれいな

      空で庭には朝霧がでていた。

       

       きょうは晴れて欲しかったなぁ

      なぜなら 長野さんは娘さんと妹さんたちと天草に旅へ

      できれば晴れてくれたらと思っていたから

       

      思いがけない朝ソラに感動した。

       

      長野さんから楽しんできますとメールをもらった

      すぐにその一瞬晴れた空を送った。

      お天気は雨だけど

      みんなの気持ちは晴れだから大丈夫だね〜って。

       

      そのころの空は

      雲行き怪しく

      冷たい雨が再び降り始めた。

       

      P1100021.JPG

       

      そして降りやむことなく

      今も雨は降り続いている。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      手のひらで くしゅー。

      2018.12.09 Sunday

      0

         

         

        いつもより

        長い 霜柱

         

         

        手のひらにのっけて

        それから

        くしゅーっと

        音鳴らして遊んだ。

         

        だからね

         

        お庭の奥の方にできていた

        霜柱は

         

        わたしのお遊びのせいで

         

        すべて

         

        形  

         

         

        なくなっちゃった。

         

        ごめんさい

         

         

        だけど

         

        いい音 するんだよね

        だから

        つい

        ついね

         

        みなさんも是非

        見つけたら

        やってみてください

         

         

        自然がつくる綺麗なかたちからうまれる

         

        聞いてみてください。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ぼんやり見える山々が。

        2018.12.09 Sunday

        0

           

           

          次男は無事に出発した。

          帰り道

          ぼんやり見える山々が

          白い帽子をかぶっていた。

           

          きょうも寒い一日になりそうだ。

           

           

           

           

          母が淹れてくれた珈琲は。

          2018.12.09 Sunday

          0

             

             

            修学旅行へ出発の朝

             

            次男を見送る為 昨夜より実家へお泊まりして

            朝を迎えた。

             

            温泉暖房で日々生活しているわたしに

            実家でのわたしの寝床は

            冷凍室のように 冷えていた。

             

            ちょっと風邪ひいたかな。

             

            目覚ましで目を覚まし

            台所へいくと

            母が美穂ちゃん ごめん 薄くできちゃった。と

            珈琲を淹れてくれた

             

             

            たしかに薄かった

            だけど

            母は 気持ちはいっぱいよ。って

             

            そう言って笑った。

             

             

            おいしゅーございました。

            母さま。

             

             

             

             

             

             

             

             

            16時47分出会い 見てた空

            2018.12.06 Thursday

            0

               

              綺麗をおいかけたら

              ここまで来ちゃった。

               

               

               

               

              ひとりを愉しむ時間は時々必要で

              撮りたい景色と出会った瞬間

              路肩に車を停め 写した

               

              気にせず ゆっくり 眺め

              何枚も 何枚も。

               

               

              自然と きれいだーっ。と

              大声で叫ぶ自分がいたりするから

              可笑しい

               

               

              こんな景色を見れた日は

              神様からの贈り物のようで

               

              大切に忘れないように 目に焼き付けていたい

               

              そう思う。

               

               

               

              12

              5

              (水)

               

              晴れ

               

              16

              47

               

               

               

               

              お隣りさんちの山茶花

              2018.12.01 Saturday

              0

                 

                 

                12月

                 

                新たな月 今月もどうぞよろしくお願い致します。

                 

                朝のうちは曇っていたけれど

                青空見えはじめましたっ

                 

                 

                お隣りさんちの山茶花が綺麗に咲いている

                だけどここは別荘地

                 

                お隣さんはこの綺麗な頃 ここに来ない限り

                見れないんだよね、

                 

                もったいない。

                 

                わたしは咲きはじめから終わりまで 見届けることができる

                 

                お隣りさーん

                綺麗に咲いていますよー。

                ひとつ またひとつ咲き

                日ごとふえてますよ

                 

                今年は特にたくさん咲いているようです

                 

                花びらが我が家の庭に舞い込むと

                そこだけピンクの絨毯。

                 

                綺麗のおすそ分けを頂いてますよー。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                巫女さん

                2018.11.29 Thursday

                0

                   

                  「巫女」

                   

                  夕暮れ時 美しい掃く姿

                  その音 静か

                   

                  実は

                  ずいぶん昔

                   

                  わたしも

                  巫女さんになった経験がございます。

                   

                   

                  おやすみの日に

                  2018.11.29 Thursday

                  0

                     

                    お休みの初日は

                    以前から行ってみたいと思っていた

                    祐徳稲荷神社へ。

                     

                    Instagramでお友達の情報に基づいて

                    スニーカーを履いての参拝です。

                     

                     

                    沢山みえる鳥居に吸い込まれていくかのように

                    歩いていく

                     

                    この先に待っていた

                    石の階段

                     

                     

                     

                     

                    みて

                    ここよ。

                     

                    これ登るのよ

                     

                    ムチだと思ったわ

                     

                    お休みの初日

                    体力などほぼほぼ残っていなかった

                    身体に

                     

                    追い打ちのムチ。

                     

                    まだいける

                    まだやれるだろ

                     

                    そういわれてるような・・・。

                     

                     

                    奥の院までたどり着いて

                    降りてくる人々は

                     

                    神のように

                    やさしい笑顔で

                    わたしに声をかけてくれた

                     

                    あと少しよ

                    がんばって

                     

                    それはひとり ふたりではなく

                    多くの人に・・・。

                     

                    しかし

                     

                    そのあと少しが

                    遠い

                     

                    まぁー遠い

                     

                    足は限界だった

                     

                    けれど

                    辿り着いたときの爽快感といったら

                     

                    途中声をかけてくださった

                    みなさん

                    ありがとうございました。

                     

                    わたしも辿りつくことができました。

                     

                     

                    駐車場で

                    オロナミンC

                     

                    最高に美味だったわぁ。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    静かなる波音

                    2018.11.28 Wednesday

                    0

                       

                      静かなる波音

                       

                      ちゃぽん ちゃぽん

                      静かに

                      そしてやさしく

                       

                      ゆっくり ゆっくり

                      ゆらりゆらり。

                       

                      心地よく 耳にそっとのこる音。