初めて登ったのはおにぎり山でした。

2019.02.28 Thursday

0

     

     

    初めて登った山はお泊まり保育で登った

    おにぎり山でした。

     

    誰よりも身体が小さくて

    泣き虫で

    甘えん坊で

     

    シャンプーも顔にかからないように

    日頃洗っていたため

     

    バシャーっとかけても大丈夫ですか?という

    先生の質問に

    できないけれど

    ひょっとしたら これがいい機会になればと思い

     

    みんなと同じようにしてください。と応えたこと

     

    この日は仕事が手につかなかったことを

    今でも覚えています。

     

     

    あれから年月はたち

     

    きょう19歳になりました。

     

    一緒にお祝いをしてあげられないのがさみしいと

    思うのはわたしだけのようで、、、。

     

    それでも 19年前の今日 午後11時58分

    わたしをお母さんにしてくれた息子には

     

    ありがとう。と言いたい。

     

     

     

    おめでとう お母さんにしてくれて

    お母さんの子どもとして

    生まれてきてくれてありがとう。

     

     

     

     

     

     

     

    きょうのひとりごと

    2019.02.19 Tuesday

    0

       

      今日はどしゃぶり

       

      ただ今筋湯温泉うたせ湯

      22日(金曜日)まで利用ができません

       

      スキー場も この雨で

      ただ今リフトが動いておりません

       

       

      もう 雪

      降らないのかなぁ。

      濃霧だったのに

      2019.02.06 Wednesday

      0

        P1100260.JPG

         

        濃霧でまっしろだった

         

        いまは嘘みたいに青い空がみえる

        餌がとんだ

        2019.01.28 Monday

        0

           

          金魚に餌をあげるために庭へ

           

          餌の蓋を開け

          さーお食べ。

          ところが

          強い風が吹いた

           

          餌は 白い雪の上へ

          ばら撒かれた。

           

           

           

          あれま。

          きのうの朝の姿

          2019.01.15 Tuesday

          0
            P1100177.JPG


            きのうの朝の姿


            さほど寒くないと思っていた朝
            障子をあけると
            外は霜でまっしろ

            その白さは徐々に広がっていき

            音がきこえてくるようで
            しばらく耳を澄ませていたけれど

            湯の流る音がそれを邪魔した。

            P1100172.JPG
             
            お天気の良いマイナスの朝は
            雑草さえ
            目を惹いた
            湯けむりが包み込む姿

            風が吹くと 湯煙は
            霧状になった

            朝陽と霧状の湯けむりが
            スチームの様に
            目にうつる


            それはとてもうれしいくらいに美しいものだった







             

            写真は昨日の綺麗 そして今日の出来事

            2019.01.08 Tuesday

            0

              P1100163.JPG

               

              昨日見つけた綺麗。

               

               

              1月8日

               

              朝 父から電話がなった

              こっちにくる用事ないか?という

               

              行くよ 用事あるから お昼前には行くと思う。

              すると父は

              髪の毛ちょきちょきしてよ。と言った

               

              わかった。と電話を切ったあと

              ちょきちょき?

              もうすぐ45歳の娘に ちょきちょき?

               

              吹き出てしまった(笑)

               

               

              愛犬と出かけた

              1人で出かけるときは大抵愛犬が一緒

               

              遅れていた年賀状を郵便局へ

              それから父のいる床屋へ

               

              父と母と娘と

              会話は弾んだ

               

              ほぼわたしの1人喋り

               

              満足したわたしは帰ろうとした

               

              ちょきちょきするために来たのに

              帰ろうとしていた。

               

              おおっと 忘れてた!と言って ちょきちょきしたら

              髪が薄い父が

               

              そこそこは切るな

              薄くなったから隠すのに必要やから

              そこはあんまり切るなよ。っという

               

              母と大笑いした

               

              もう80歳になろうとする父が言うから

              可笑しくて仕方がなかったが

               

              かっこよくありたい父の気持ちは

               

              わかる。

               

               

              散髪をすませ日用品を買いに出かけた

              今日は出初式だった

               

              行く途中

              消防車が何台も連なって

              ピカピカをまわしながら

               

              それは210号線沿を凛々しく走る

               

              かっこよくて

              感動した

               

               

              途中見たことある顔が覗き込んで見てた

               

               

              夫さんだった(笑)

               

               

              その後も連なる消防車

              皆さんお疲れ様でした。

               

               

              買い物すませて帰宅した

              汚れていたわたしの車を綺麗に洗車して

              ようやく 遅いお昼ご飯を食べた

               

              メニューは昨日の残りのすき焼きに麺を入れて。

              味が染み込んでて  はー幸せ。

              ご馳走さまでした。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              お正月休み頂いております

              2019.01.07 Monday

              0

                 

                 

                正午からお正月休みのはじまりとなった。

                身支度をして初詣へ

                車で30分 阿蘇神社。

                 

                今年もよろしくお願いします。とお願いした

                たくさんは願わない。わたし自身が頑張らないと始まらない1年だといつも思うから。

                 

                ただ それを見守っていて欲しい。

                 

                お参りしたあと

                お守りを買った

                旅館

                自宅

                息子2人のお守り。

                 

                それからわたしたちはおみくじを引いた

                2人とも大吉

                 

                ひょっとして ここのおみくじ

                大吉しかないんじゃない?って

                笑った

                 

                おなかもぺこぺこ 昨年行ったところで

                ちょっぴり贅沢なお昼ご飯を。

                 

                愛犬はお家で留守番

                 

                夕飯の買い物と

                愛犬のおやつを買って帰りに三愛レストハウスで

                ソフトクリームを買って食べた

                 

                おいしかったー。

                 

                帰り着くとクロネコさんと業者さんがいて新年のご挨拶と業者さんから

                いつもおやつ頂くからと帰省した際のお土産を頂いた。

                 

                ひとつほおばった。これもまた おいし。

                 

                少しすると 眠くなった

                わたしたちはぐーすか眠った。

                 

                目が覚めて 外をみると

                暗くなりゆく空がキラキラなお星さまでいっぱいだった。

                 

                結構寝たな。

                 

                 

                さー 晩ごはん つくろ。

                 

                今夜はわたしが担当

                すき焼きよー。

                 

                パトラッシュ いや違う。

                2018.12.10 Monday

                0

                  マトラ〜ッシュ

                   

                  頭によぎった名前だった

                   

                  P1100009.JPG

                   

                  猛ダッシュでやってきたのは

                   

                  パトラッシュじゃない

                   

                  ララぁだった。の件

                   

                   

                  ものすごい勢いで

                  カメラ構えた私の横を通過した

                   

                   

                  まだまだ走れるおばあちゃん犬

                  きょうも元気です

                  ひといき

                  2018.12.05 Wednesday

                  0

                     

                    ひきこもりのひきこさん

                     

                    夫さんは鹿児島へいってます

                    なので

                    お宿はまたまたお休みをいただいてます

                    すみません

                     

                    で わたしは・・・

                     

                    ためにためていた事務処理をおうちに持ち帰って

                    夫さんを見送った朝6時半より

                    ずっと睨めっこだ

                     

                    だけどときどき飽く

                     

                    そして

                     

                    ひといき

                     

                    自分のために淹れる珈琲

                     

                    濃い珈琲

                    落ちる音

                    最後の一滴まで確認

                     

                    香を楽しむ

                    いい香だぁ

                     

                    味はどれどれ

                     

                    ちょっぴり渋くまろやかで

                     

                    もちろん

                     

                    おいし。

                     

                     

                    みやげものは好きな感じで

                    2018.12.05 Wednesday

                    0

                       

                      義母である女将は山口へ旅に行っていて

                      昨日かえってきた。

                       

                      お土産はハーブの飾り物

                      触ると香りがするんだって言って

                      もらった。

                       

                      しかも

                      わたしの好きな感じだよぉ。

                      てんきゅ〜ぅ 義母。

                       

                       

                      言われた通りさわったら

                       

                      うんうん香る

                      ハーブのいい香りぃ。

                       

                      それから母は

                      山口よかったよ〜

                      泊まったホテルの近くの橋が

                      すんごく綺麗で

                      最高だった

                      行ってみよ〜っ

                       

                      絶対みほちゃん好きと思う。・・・・というのである

                       

                      母よ そこわたしたちはすでに行ってきたところである

                       

                      心の声がついでてしまった

                       

                      義母は

                       

                      な〜んか ちぇっ。といった

                       

                      静かな別荘地に

                      笑い声が響いた。

                       

                      なんだかんだ言って

                      わたしと義母は仲良しこよしである。