ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.06.08 Friday

散歩みやげは忘れない。

P1090008.JPG

sanpomiyage

 

散歩へ行く

 

 

散歩道は風を感じ

木々の香りを感じ

鳥たちの囀りを耳で

 

髪をおろした休日は

風でなびくのが好き

 

好きな曲をふ〜ふふん、ハナウタ。

 

散歩途中は別荘に移住している人たちに時々会う

挨拶を交わす

 

雪深い日が続いた冬

そこに住む

ひとり暮らしのひと

 

病気で倒れているんじゃないかと

声をかけに行った

 

元気だった

それ以来会っていなかったが・・・

 

昨日は偶然買い物から帰ってきたようで

出会った。

 

こんにちは

 

その方の表情はやさしかった。

 

 

 

花を摘み摘み家へ

 

愛犬の名を呼ぶご夫婦にも出会う

蒸し暑いねぇ〜って

と会話を少し。

 

左手にリードとカメラ

右手に

散歩みやげは忘れない。

 

 

携帯はおいてけぼり。

 

 

 

 

2018.06.07 Thursday

思い出グミ。

P1080986.JPG

gumi koron

 

カラスが教えてくれた

グミの季節だということ。

 

大きな黒い羽をばっさ ばっささせて

このグミ食べてた。

 

気づかれぬよう近づき・・・

ころんと落っこちてたグミを

 

木になっているのも撮りたかったけど

カラスがおなかをすかせているようで

なかなか飛び立ってくれない

 

P1080987.JPG

グミの実

 

まだ青い実の方が多いけど

今年もたくさんの実をつけていた

 

去年は今にも折れそうになっていたグミの木だけど

しっかり実をつけていたから

大丈夫そう。

 

よそさまのグミの木なのでいつも前を通って

眺めるだけだけど・・・。

 

 

このグミみると

帰ってくる時間になっても帰ってこない長男が

迎えにいくと

身体よりも大きなランドセルをかるって

座り込んで食べていた日のこと。

 

 

思い出グミ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.02.09 Friday

お誕生日会。

iPhoneImage.png

 

2月9日

 

2月12日に38歳になる友達の誕生日会。

楽しすぎて

笑いすぎて

 

帰って鏡をみたら

アイラインがとれまくって

下瞼が 黒くなってたぁ。

 

お宿へ行く前に

それなりのお色直しをして

お客様のお迎えをいたしました。

 

めでたしめでたし。

 

それにしても

ゆのもと荘の若女将がつくってくれたケーキの

おいしことと言ったらぁ。

ぺろりと食べてしまいましたっ

 

あ〜たのしかったし

おいしかったし

 

超〜〜〜〜〜っ しあわせっ ♡

 

2018.02.06 Tuesday

大人のお絵描き

iPhoneImage.png

 

友達と過ごした時間

紙と鉛筆が目の前にあり

ただ、ドラえもんを描いていた。

すると

なに描いてるん?と聞かれたので

ドラえもん。ということから

じゃこの4人それぞれのドラえもん

描いて遊ぼう。

 

耳が付いてたり

ふっくらしてたり

スネオっぽいドラえもんだったり

 

それぞれのドラえもんが描かれた。

 

大人のお絵描きは

なかなか楽しい。

 

 

2017.12.15 Friday

我が家の仲間入りをした

iPhoneImage.png

 

watashi hibi kurashi time

 

我が家の仲間入りたちです

 

かご

ほうき

ちりとり

スプーン?かな

 

iPhoneImage.png

 

自分で作ったドライフラワーをいれ

かざりました

 

iPhoneImage.png

 

ほうき

ちちりとりは

 

いつでもつかえるように

インテリアのひとつとして

棚代わりに使っている

机の上に そのまま置きました。

 

 

iPhoneImage.png

 

スプーン

 

終っておけば誰にもしってもらうこともないので

こうして

同じく

ドライフラワーを

ちょっこしお入れし

 

飾ることにしました♡

 

うん

可愛い

 


我が家は

わたしの好きなものたちがいっぱいです

 

それは

わたしにしかわからず

私だけが楽しみ

ワタシだけの空間で

 

どのお部屋にも好きなものが置かれているのです

 

 

息子2人のお部屋も

最近

わたしのお気に入りが少しずつ

じわりじわりと

進入中です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.11.21 Tuesday

贅沢にはじめる

iPhoneImage.png

 

湯けむりがよく見える朝

マイナスの朝

ひんやりと冷たい空気が気持ちいい。

そう思えるのは

 

朝に温泉へ入ったから

 

夜はまだあけていない。

 

小窓を開けて

淡い青色になるであろうと思われる空に

星がみえていて

 

湯船につかりながら

時々冷たい風が顔にあたり

 

手のひらに湯をすくい

湯音をたのしみつつ

空を眺めた

 

身体は

ぽかぽかになった

 

そんな贅沢な朝をむかえました。

 

 

 

🍁

 

本日もみなさまのご来館お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.25 Thursday

自宅には

おっことぬしがでたり
狐がきたり
今度は

モグラ。



おはようございます
霧雨の朝となっています。


2017.05.18 Thursday

裸足が気持ちいい

うす暗い時間に目が覚め
ゆっくり
明るくなるのを
お布団の中から。

6時
九重町に流れ始める
朝の音

起きあがり
いつもの場所にたち
いつものはじまりの写真を一枚
#イマソラ

裸足が気持ちよくなってきたなぁ。

寒がり冷え性の
私でも

これからは
こっちの方が
気持ちいいことは
知っている。



iPhoneImage.png

縁に座って
眺めていたら

足元に

タンポポ綿毛

ふ〜んわり 咲いてました。

おはよう
はじまったいちにち
今日もよろしくね
2017.04.06 Thursday

そこに春

iPhoneImage.png

そこにharu

広島へ旅に行っていたという友達が夕方にお土産を届けに

珈琲をのみながら時間が流れていた
目の前の窓からはいつもの景色
友達は ここはいつまでも冬みたいだな。と

そうだね。春らしくもないしね。野焼きもまだだし

毎日見ていた景色にいつもと違う風景が見えた気がした

ね、あれ何かな?
桜の木しかなかったはずだけど、、、

でもまだ桜なわけじゃないだろうから
違う花じゃないか?。

友達は帰っていった

友達が来るまで実は本を読んでいた
数日前に買った本。
友達が帰ると同時に
再び読み始めた
想像して 浮かぶものがいっぱいあったから
食い入るように読み続けたこと。

読み終わった一冊の本

そうだった さっきの白い花 みにいこう
カメラをもって 雑草の中へ歩いて入っていくと
その姿がみえてきた

写真を撮り
よごれた足の土を払う事なく
友達にLINEをした

これ何?

梅だよ。っておしえてくれた
標高1000m そこに春を感じました。


可愛いんだね 梅。ここに梅が咲くなんて
16年目にして初めて知りました。

桜のことばかりしかみてあげていなかったから
次の春
ひとつまたたのしみがふえた。




 
2017.04.06 Thursday

よごれちゃったな




わたしの身長よりも高い雑草だらけの裏山へ 草履のまま行った おっことぬしが荒らしたあとで めちゃくちゃだったけど その先へ行かなければならない理由があった。足はよごれてしまったけど

そのあと足がよごれちゃったな。と
視点を下へ。




そこはふきのとうがいっぱいに
おっことぬしは
ふきのとうには興味がなかったんだ。

と愛犬につぶやいて

陽がながくなっていたこと
今頃気づいた。



Powered by
30days Album