夏空の

2019.07.25 Thursday

0

     

     

    夏空の梅雨明けの晴れ間

    風がやわらかく吹いていた

     

    街ではもう暑い時間

    ここは23度。

     

    贅沢なんだな、

     

     

    今夜も高原は涼しく

    ただ今

     

    19度。

     

     

    おやすみなさい

     

    日は暮れようとしているころ

    2019.05.28 Tuesday

    0

      P1110079.JPG

       

      日が暮れようとしているころ

      空は青をみせはじめた

       

       

                  

                       

      JUGEMテーマ:自然風景

      ヒメオドリコソウ

      2019.04.16 Tuesday

      0

        P1100778.JPG

         

        花言葉は 春の訪れ 愛嬌 隠れた恋

         

         

         

        ジェラシーを感じてごめんなさいね。

        初めて訪れたお客様に昨夜言われた言葉です

         

        主人のつくるお料理にその男性は恋をした

        その妻である私がうらやましく

        嫉妬したという。(笑)

         

        初めて嫉妬されたかも・・・

        なんだかくすぐったい。

         

        お客様 わたしも彼のお料理に恋をし

        胃袋掴まれています。

        同じですね

         

        だからひとりでも多くの方が主人の作るお料理に

        恋をしてくれたらとてもうれしいです

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        空は春だけど

        2019.03.16 Saturday

        0

          Sora

           

           

           

          空は春

          風は冬

           

          そんな土曜日

           

          ちらりと 雪が舞った

           

           

          3月

           

          とにかく風がつめたいものだから

          あったかおうちのおこたに入って食べた

          チョコレートが美味しくて

          3つも食べちゃった。

           

           

           

          『空』

           

           

           

           

           

           

           

          火曜日の空

          2017.09.26 Tuesday

          0


            おはようございます
            今日もいちにち
            よろしくお願いします。

            見上げる空が元気にしてくれる

            2016.10.11 Tuesday

            0

              海が好きだった
              いつかは海のみえるところにと
              だから
              就職先は別府に決めた
              別府に住んでいた数年
              嫌なことがあると
              自転車にのって
              幾度と海をみにいった

              やまなみハイウェイをまっすぐ下ると
              大好きな海がみえて
              潮風と海のしょっぱいにおいがしてくる
              何かあるごとに
              お決まりの場所へいき
              寝っ転がっては
              波の音をきいた

              仕事がお休みの日は
              あさから夕暮れまで。
              ただそれだけで
              元気になれた

              いまは反対側にいる
              海は遠く
              山に囲まれたこの地

              いつしか海のような
              広い空に惹かれていった

              撮りためた空の写真は数え切れない
              この空好きだ
              そう 思えた空だけをただ撮り続けた

              海はいやなことを波音がけしてくれるから好きだったのかもしれない


              ここからみえる空はきれいだ
              訪れた場所で見上げるそらも
              残しておきたい空なら
              カメラにおさめた

              見上げる空がいつでもどんなときでも
              元気にしてくれる

              これから訪れる冬の季節は
              幾千もの星の粒が流れてきそな夜もある

              手を伸ばせば届きそうな夜空にうっとりとする日も
              ちいさな
              ちいさな星が見える日は
              奇跡な日

              ただ生憎撮れる方法をしらない
              だから
              目の奥の方
              わたしの中の
              記憶に残し
              いつの日か

              夜空も撮りためられる日がきたらそのときは
              いちばんに

              ブログに載せようと思う




              今日は友達のおうちから見えたそらもいちまい。








               

              やさしい秋の風

              2016.09.17 Saturday

              0


                やさしい秋風つうか中。
                空も青

                紅葉の葉 ほ~んのり色づいて



                ふ〜わり

                2016.08.11 Thursday

                0

                  iPhoneImage.png

                   

                  5時半になる目覚まし時計

                  はだしのまま外へでた

                   

                  ふ〜わりな朝でした。

                   

                  白湯をのむ毎日

                   

                  今朝も

                  お気に入りのカップに

                  ぶくぶく湧き立ての湯を注ぎ

                   

                  少し

                  蒸気を吸い込んで

                   

                  それから・・・。

                   

                  いただく

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  そらに。

                  2015.10.22 Thursday

                  0

                    october.22



                    P1040145.JPG

                    目が覚めた
                    まだ真っ暗な時間

                    部屋の小窓から
                    みえるほし

                    とくべつにひかっていた

                    カメラを手探りで

                    しずかに
                    外へでた

                    撮れるかわからないけど
                    レンズをむけ
                    シャッターをおし
                    とてもさむかったから
                    すぐに
                    部屋へもどろうと・・・


                    それでもほかの星もきれいで
                    部屋まで
                    そらをみながら歩いた

                    あ。

                    ながく
                    すーっと



                    流れ星

                    きれいだったぁ。
                    1