おんせん県おおいた

小さな手作業は




小さな手作業
お久しぶりの折り紙。

実家の母は
わたしをいちばん知っているから

だからこそ
わたしのこの小さな手作業が
不思議でならないそう。


わたしがあの時病気にならなかったら
きっとこの手作業をする事もなかったかもしれない。
山へ行けない日々を
運動できない日々を

ただじっとしている日々が
ここに辿りついたこと。


若旦那のお料理を
好きでいてくれるお客さまに
ほんの少しの
わたしにできるおもてなし。
お手拭きで手を拭き
お箸を手にした時に
安らぎを。
ほっとした気持ちのまま

お食事を 最後まで楽しんで頂きたい。

そんな思い込めて作っています。

だからね、お母さん
わたし続けられているんだよ。


おんせん県おおいた

morning



この場所からの朝 この風景が
好き。。。


やさしくふわりしてる朝です


昨日 PTAの動員で出かけ
会場でどの場所に座ろうか迷い見渡しました。
敢えて誰もいない 真ん中の真ん中よりちょい横あたりに座りました。

しばらくすると
ここいいですかと2つ空けて座っていた女性に声をかける女性。

クスクス笑いが止まらない。

偶然にも義妹だったので。
しかも
そのすみませんと声をかけた女性も
義妹の子供の担任だった人
さらに
去年の文化祭で
当館の子供浴衣をお貸しし

お礼にといただきものもしており
偶然が重なって
お礼も言えて。

おかしな夜でした


今日までお宿は休館日です

温泉工事本日にはおわる予定となっております。

きょうも始まりましたー
たのしかったー。そう思える今日を
お過ごしください。
-

若旦那の旅



温泉工事開始の昨日より
若旦那 筋湯青年部。
消防。合同の旅に
行っておりまーす。

大阪よー
大阪

いいよねー



ユニバーサルにも行っております

いいよー
ぜーったい。いいー
わたしもユニバーサル行きたーい



極め付けはこれ。

お休みなくお料理してくれ
お疲れさま。だったので
楽しんでくれているお顔をみれて
安心しました

明日帰って来ます

帰って来たら 真田丸の話し聞きたーい。ってそこかい。(爆笑)
おんせん県おおいた

いつの日か

いつの日か
上手に描けるようになるだろうか。



練習してる。
もっともっと可愛く
描けるように。

私の時間

山暮らし




いいもの。
素敵だと思ったら

草履なくても
そのまま素足のままとりに降りるのが田舎育ちのわたしらしい行動。
お宿の若女将というかっこいい
ネーミングをもらいつつ
実は
標高1000mという山暮らしだったりして



今朝は
外で珈琲を。

美味しかったー