心地の良い時間とは。

2019.01.22 Tuesday

0

     

     

    お正月が終わり

    連休もおわり

     

    少し穏やかな日常が過ぎていく中

    先週集まる予定だったけど 

    流行り病で

    体調が悪かったりと今週になっていた。

     

    どうする

    どこか行かない?

    いちご狩りとかもありかな

    ランチとか

    1週間伸びた予定は 待ち遠しかったみたいで

    計画が弾むライン

     

     

    そしてやっぱり家呑みの持ち寄りの

    おしゃべり会がいいね。

     

    お昼少し前から始まり

    夕暮れまで。

     

    笑って 喋って 時間があっという間にすぎていった。

     

    気が合う友と 他愛ない会話さえ

    笑いとなる時間。

     

    心地の良い時間とはこーゆー事。

     

     

     

    わたしはホットサンドを焼いて 出向いた

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    朝に月灯り

    2019.01.21 Monday

    0

       

      カーテン越しに光がみえた

      朝の空

      山向こうに消えゆく月灯り

       

       

       

       

       

       

      春のにおいする

      2019.01.20 Sunday

      0

         

         

        くんくんかいだ

        春の匂いする

         

         

        ふきのとう味噌 作るんだって。

        雨が降る前の夜

        2019.01.20 Sunday

        0

           

          雨が降る前の夜に

           

          雲の流れはとてもはやかった

           

          風もつよく

           

          ときどき

          レンズから

          月を見失う

           

          ひさしぶりのお月さん

           

          丸じゃないのがたまにいい

           

          P1100197.JPG

           

           

          それは足元に。

          2019.01.19 Saturday

          0

             

            おひさまに照らされたススキをみるために

            わたしは車を道の端っこに停めて

            降り立った。

             

            眩しいほどにキラキラ光るススキ

             

            見惚れてばかりいた

             

            ズボンにくっつき草でもついてやしないかと

            足元をみた

             

             

            その足元に

            キラキラな霜柱をみつけた

            上を見ればおひさまに照らされたススキなのに

            すぐ下の足元は陽も当たらず 霜柱がとけずに。

             

             

            しかも 我が家でみる霜柱とは違う

            カクカクしてる

             

            また来よう。

            道行く人にへんな奴がいると思われても

             

            こんな綺麗をみつけられるのなら

             

            変な奴だと思われるくらい

            怖くなんかない。